ピナ・バウシュ版『春の祭典』18年ぶりの日本上演が決定 日本初演2作品の同時上演も
ピナ・バウシュ版『春の祭典』過去公演より Photo by Maarten-Vanden-Abeele (C)Pina Bausch Foundation

『PARCO presents ピナ・バウシュ「春の祭典」 / 「PHILIPS 836 887 DSY」、ジェルメーヌ・アコニー「オマージュ・トゥ・ジ・アンセスターズ」来日公演』が、2024年9月11日(水) から15日(日) に東京・東京国際フォーラム ホールCで上演される。



本公演では、ダンスと演劇の境界を取り払うことで生まれた舞踊演劇(ダンスシアター)の巨星、ピナ・バウシュの『春の祭典』を上演。

ピナ・バウシュ・ヴッパタール舞踊団のメンバーがリハーサルを指導し、ピナ・バウシュ・ファンデーション(ドイツ)、エコール・デ・サーブル(セネガル)、サドラーズ・ウェルズ・シアター(イギリス)が共同製作した本作は、これまで世界各国の著名劇場で上演を重ね、最高度の評価を獲得してきた。



複雑なリズムや不協和音を多用したその革新性から20世紀近代音楽の代表曲に数えられ、中でも豊穣を願うための生贄に選ばれた女性が踊り続ける様を鮮烈に描き出すピナ・バウシュ版は、最高傑作のひとつとして知られている。日本での上演は18年ぶりで、今回は初演の振付・演出をそのままに、本プロジェクトのためにアフリカ13カ国から結集したダンサー35名が新たな息吹を吹き込む。



今回の来日公演では、生前バウシュがコレオグラファーとしての最初期に創作、自らが踊ったソロ作品『PHILIPS 836 887 DSY』(出演:エヴァ・パジェ)と、ピナ・バウシュ・フェローシップを通じて、ともに後進ダンサーの育成にもあたるなど、バウシュと深い親交を持った“アフリカン・コンテンポラリーダンスの母”ジェルメーヌ・アコニー振付・出演の『オマージュ・トゥ・ジ・アンセスターズ』も同時上演される。この2作品はいずれも日本初演となる。



また、ピナ・バウシュ・ファンデーションの創設者・理事を務めるサロモン・バウシュによる来日トークイベントが、2024年9月9日(月) に東京・ゲーテ・インスティトゥート東京 ホールで開催される。



<公演情報>
PARCO presents
ピナ・バウシュ『春の祭典』 / 『PHILIPS 836 887 DSY』、ジェルメーヌ・アコニー『オマージュ・トゥ・ジ・アンセスターズ』来日公演



【上演演目】
『春の祭典』
振付:ピナ・バウシュ



『PHILIPS 836 887 DSY』
振付:ピナ・バウシュ 出演:エヴァ・パジェ



『オマージュ・トゥ・ジ・アンセスターズ』
振付・出演:ジェルメーヌ・アコニー



日程:2024年9月11日(水)~15日(日)
会場:東京・東京国際フォーラム ホールC



チケット一般発売日:2024年7月5日(金) 10:00~
https://w.pia.jp/t/pinabausch2024/(https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b2451954&afid=P66)



公式サイト:
https://stage.parco.jp/program/pinabausch2024



<イベント情報>
サロモン・バウシュ トークイベント



日時:2024年9月9日(月) 19:00
会場:東京・ゲーテ・インスティトゥート東京 ホール



※参加無料
※詳細は後日PARCOSTAGEウェブサイト、ゲーテ・インスティトゥート東京ウェブサイトにて発表