ライアン・ゴズリングとザンドラ・ヒュラーが新作で共演
ザンドラ・ヒュラー

ライアン・ゴズリングとザンドラ・ヒュラーが、次回作で共演することになった。

SF映画で、タイトルは『プロジェクト・ヘイル・メアリー』。

『オデッセイ』の原作『火星の人』を書いたアンディ・ウィアーによる同名小説を映画化するもの。

監督は、フィル・ロードとクリストファー・ミラーのコンビ。『オデッセイ』の脚本家ドリュー・ゴダードが脚色を手がける。

中学校の科学の先生(ゴズリング)が、ある日宇宙船の中で目覚めるが、そこまでの記憶が完全に消え、自分がなぜここにいるのかわからないでいるところへ、エイリアンが現れるという物語。

ゴズリングはプロデューサーも兼任する。製作配給はAmazon MGMスタジオ。
北米公開は2026年3月。

ゴズリングは『バービー』で今年のオスカー助演男優部門に候補入り。一方、ヒュラーは『落下の解剖学』で主演女優部門にノミネートされた。ヒュラーはまた、国際長編映画賞を受賞した『関心領域』にも主演している。

文=猿渡由紀

『関心領域』
公開中
(C)Two Wolves Films Limited, Extreme Emotions BIS Limited, Soft Money LLC and Channel Four Television Corporation 2023. All Rights Reserved.