『ザ・ウォッチャーズ』シャマラン父娘&ダコタ・ファニングが語る特別映像公開
『ザ・ウォッチャーズ』 (C)2024 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

公開中の映画『ザ・ウォッチャーズ』より、シャマラン父娘とダコタ・ファニングが語る特別映像「生き残れるか編」が公開された。



本作は、『シックス・センス』や『オールド』などで知られるM・ナイト・シャマランがプロデューサーを、実の娘であるイシャナが長編初監督を務める“覗き見”リアリティーホラー。

地図にない森に迷い込んだ28歳の孤独なアーティスト・ミナ(ファニング)が、見知らぬ3人とともにガラス張りの部屋に閉じ込められ、“謎の何か”に毎晩監視される恐怖を描く。



映像は、夜になると内側は鏡になるガラス張りの部屋で、何かを確かめるように指でガラスを叩き、外に向かって耳を傾けるミナの姿で始まる。「古代の神々のように恐るべき存在です」とイシャナ・ナイト・シャマラン監督が語り、ダコタ・ファニングが「誰も見たことがない。どんな姿で何ができるのかわからないことばかり。でも恐怖と危険ははっきりと感じる」と続ける。監督の「正体を暴くというコンセプトで、ファンタジーとホラーを融合し、試してみたかった」というコメントに、幼き日と現在のミナの後ろ姿が重ね合わされ、彼女の過去のトラウマが暗示される。



また、製作のM・ナイト・シャマランが「時間が迫るなか逃げ道がないというスリリングな要素もある。永遠にここから出られない。逃げるなら命がけだ」と、本作には命がけの脱出ゲームの要素があると指摘するように、地図にない森には謎のサインが置かれている。



「後戻りできない」というミナの本編映像に、「ガラス張りの部屋は“監視者”から4人を守ってくれる場所。大きな窓が夜になると鏡に変わり、ミナたちは外の景色が見えなくなる。でも外からは見える」とダコタが解説する。

この部屋には禁断の3つのルールがある。「“監視者”に背を向けてはいけない」「決してドアを開けてはいけない」「常に光の中にいろ」そのひとつでも破ったら殺されてしまう。



映像は、ミナと見知らぬ3人がガラス張りの部屋で過ごす様子をとらえ、監督が「そこは超自然的な魅力のようなものと嫌悪感が共存している。ガラス張りの部屋は生き残るために身を置いているだけで、最も抜け出したい場所でもある」と部屋の二面性を語ると、ダコタが「“監視者”についてミナたちは何も知らない。何を望みどんな能力があるのか」と続ける。



音楽がよりハイテンポになり緊張感が加速すると、M・ナイト・シャマランが「かつては崇められていたが、今は完全に恐ろしい存在だ」と“監視者”に対する意味深なコメントを放つ。

そして最後は、イシャナ監督の「映画館で驚きの体験が楽しめるはず。耳を澄まして感じてほしい。ぜひ映画館で観てほしい」という言葉で映像は締めくくられる。



『ザ・ウォッチャーズ』特別映像(生き残れるか編)



<作品情報>
『ザ・ウォッチャーズ』



公開中



公式サイト:
https://wwws.warnerbros.co.jp/thewatchers/



(C)2024 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED