優河 with 魔法バンド、折坂悠太(band)を迎えたツーマン企画『In Other Words』【オフィシャルレポート】
優河 撮影:廣田達也

シンガーソングライター優河の企画ライブ『In Other Words』が6月21日、渋谷WWW Xで開催された。出演アーティストは優河 with 魔法バンド、折坂悠太(band)。

優河、折坂の言葉とメロディ、そして、豊かで奥深いバンドのアンサンブルが交差する、特別なステージが繰り広げられた。



最初に登場したのは、折坂悠太(band)。バンドメンバーのsenoo ricky(ds)、宮田あずみ(cb)、山内弘太(eg)とともに、「春」からライブをスタートさせた。穏やかなで切実なメロディとともに〈確かじゃないけど / 春かもしれない〉というフレーズが広がっていく。5拍子のリズムとゆったりと漂う歌声のコントラストが美しい。続いては6/8拍子の「スペル」。

静かに立ち上がり、少しずつ高揚感を増していくこの曲は、折坂の現在地を端的に示していた。



優河 with 魔法バンド、折坂悠太(band)を迎えたツーマン企画『In Other Words』【オフィシャルレポート】

折坂悠太(band)

「ツーマンというのは、もうひとつの歌とぶつかって“こうでなきゃ”という感じがあって。すごい歌がある、でも俺だってかんばりたいんだ!というか。今日は優河さんと一緒にできること、ご褒美の時間だと思って一生懸命、演奏します」



そんな言葉に続いたのは、「スペル」と同じく、新作アルバム『呪文』に収められた新曲。匂い立つような夜の情景を想起させる「夜香木」、そして、折坂のギターリフを軸にした「凪」では、後半でミニマルテクノのような雰囲気に。この2曲からは、彼の音楽世界が自由に広がっていることが伝わってきた。



優河 with 魔法バンド、折坂悠太(band)を迎えたツーマン企画『In Other Words』【オフィシャルレポート】

その後も折坂悠太の色彩豊かな音楽を体感できる場面が続いた。ボサノバ的なグルーヴを中心にきらびやかな音像が描かれた「抱擁」、歪んだギターサウンド、骨太のビートが響き合い、〈今私が歌うことは / 針の穴を通すようなこと〉と叫ぶように歌った「針の穴」。そして「努努」では躍動するビート、エフェクティブなエレキギターやソウルフルな歌声が絡み合い、観客が気持ちよさそうに体を揺らし始める。折坂がマンドリンを演奏し、フォーキーな佇まいのなかでドラマティックな歌を響かせる「さびしさ」も強く心に残った。



最後は、アルバム『呪文』に収められた「ハチス」。70年代のニューソウルを思い起こさせるサウンド、この時代に対する思いを込めた歌詞が会場を包み込む。

特に「きみのいる世界を『好き』ってぼくは思っているよ 昔とちがう風の中で」「しいて何か望むなら 全ての子供を守ること」というフレーズは、すべての観客の胸にしっかりと刻まれたはずだ。



優河 with 魔法バンド、折坂悠太(band)を迎えたツーマン企画『In Other Words』【オフィシャルレポート】

続いては、優河 with 魔法バンド。岡田拓郎(g)、千葉広樹(b)、谷口雄(key)、神谷洵平(ds)に続いてステージに登場した優河は、エレピの音色とともに〈雨に濡れた道を行けば〉というラインを紡ぎ出し、一瞬にして会場をシックな色合いに染め上げる。オープニングは「June」。この季節にぴったりな湿度を感じさせるバンドサウンドに乗って、観客が体を揺らし始める。さらにミニマルファンクのテイストを反映した音像、憂いを帯びたメロディが溶け合う「夜になる」を披露。

バンドメンバーを紹介し、「優河 with 魔法バンドです」と挨拶した後は、配信リリースされたばかりの新曲「Sunset」へ。優河、岡田のコライトによるこの曲は、フォークとヒップホップをつなぐチルな楽曲。夕暮れを映し出しながら、〈このままで いたいな いられたらな〉という思いを綴った歌詞も印象的だ。



優河 with 魔法バンド、折坂悠太(band)を迎えたツーマン企画『In Other Words』【オフィシャルレポート】

優河

「折坂悠太さん、私も後ろで観てました。地球に生まれてきてくれてありがとう、という感じで。最後まで楽しんでください」という言葉に連なった「fifteen」はブルースの色合いが濃いミディアムチューン。

さらに蜃気楼のような儚さが伝わる「夏の窓」、アンビエンス的なサウンドのなかで“あなた”の不在を描いた「手紙」、心地よい揺らぎを感じさせるコーラスからはじまり、穏やかで力強い旋律が流れていく「WATER」。



特筆すべきはやはり、優河の歌だ。現代的なR&B、フォーク、ソウルのエッセンスを取り込んだバンドアンサンブルと共鳴しながら、感情の機微をナチュラルに映し出すボーカルはここにきてさらに深みを増していた。リズムの取り方、ちょっとした所作を含めて、楽曲の世界観を表す身体表現も魅力的だ。



優河 with 魔法バンド、折坂悠太(band)を迎えたツーマン企画『In Other Words』【オフィシャルレポート】

未発表の楽曲も、この日のライブの大きなポイントだった。シンプルなギターリフを中心に置きながら、時間の経過とともにゆっくりと歌の匂いが変化していく「香り」、レゲエとソウルがナチュラルに溶け合う「Don't Remember Me」はいずれも彼女の新機軸と言っていいだろう。



夏らしい爽やかさを感じさせるグルーヴと切ない感情が交差する「遠い朝」、そして〈あの夜に消えた/あなたとの魔法〉というラインを持つ名曲「魔法」で本編は終了。



優河 with 魔法バンド、折坂悠太(band)を迎えたツーマン企画『In Other Words』【オフィシャルレポート】

鳴りやまない拍手に応え、優河はひとりでステージに登場。さらに折坂悠太を呼び込んだ。「〈In Other Words〉私は私の言葉で世界を歌っていて、折坂さんは折坂さんの言葉で世界を描いていて。違う言葉で歌ってるけど、同じ世界で生きてるということを感じられました」(優河)という言葉を挟んで届けられたのは、「灯火」。優河のアコースティックギター、そして、優河と折坂が声を重ねる光景は、このライブの素晴らしさを象徴していたと思う。



優河 with 魔法バンド、折坂悠太(band)を迎えたツーマン企画『In Other Words』【オフィシャルレポート】

9月4日にニューアルバム『Love Deluxe』をリリース。さらに本作を携えた東名阪ツアー『Love Deluxe Tour 2024』も決定している。音楽性、ステージングを含め、さらなる飛躍を遂げようとしている優河に、ぜひ注目してほしい。



Text:森朋之 Photo : 廣田達也



【セットリスト】
■折坂悠太(band)
1. 春
2. スペル
3. 夜香木
4. 凪
5. 抱擁
6. 針の穴
7. 努努
8. さびしさ
9. ハチス



■優河 with 魔法バンド
1. June
2. 夜になる
3. Sunset
4. fifteen
5. 夏の窓
6. 手紙
7. WATER
8. 香り
9. Don’t Remember Me
10. 遠い朝
11. 魔法



■アンコール
灯火(優河&折坂悠太)



<リリース情報>
優河 4thアルバム
『Love Deluxe』



2024年9月4日(水) リリース



●CD only:3,300円(税込)



【収録内容】
「遠い朝」「Sunset」含む全10曲収録
※詳細は後日発表



予約リンク:
https://yuga.lnk.to/LoveDeluxe_CD



<ツアー情報>
優河『Love Deluxe Tour 2024』



2024年9月17日(火) 大阪・Music Club JANUS
開場18:00 / 開演19:00



2024年9月18日(水) 愛知・今池Tokuzo
開場18:00 / 開演19:00



2024年9月20日(金) 東京・WWW X
開場18:00 / 開演19:00



【チケット情報】
一般:5,800円(税込)
学割:3,500円(税込)
※ドリンク代別途必要



オフィシャル先行:6月30日(日) 23:59まで
https://w.pia.jp/t/yuga-bandset/(https://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=G1290017&afid=P66)



優河公式サイト:
https://www.yugamusic.com/