5歳児死亡・神宮外苑アートイベント火災、原因は電球か 事故現場の動画拡散に波紋広がる

5歳児死亡・神宮外苑アートイベント火災、原因は電球か 事故現場の動画拡散に波紋広がる

6日夕方、東京・新宿区の明治神宮外苑で行われたアートイベントにて、展示品のジャングルジムが炎上。中で遊んでいた佐伯健仁くん(5)が亡くなった。あまりにも痛ましい今回の事故。その原因や、現場の動画の流出など、モラルのない情報拡散に波紋が広がっている。

神宮外苑イベントで火災 ジャングルジムが燃え5歳児が死亡

6日夕方、東京都新宿区の明治神宮外苑で開催されていたイベント「東京デザインウィーク2016」にて、日本工業大学の学生が出展した木製のジャングルジムから火災が発生した。

火は約20分後に消し止められたが、ジャングルジムの中で遊んでいた幼稚園児・佐伯健仁くん(5)が死亡。肺には煙を吸った形跡が見られなかったため、死因は焼死だと推定されている。健仁くんを助けようとした父親(44)と40代の男性も顔にやけどを負った。

現場では、「中にまだ子供が」と悲痛な叫び声が響いたという。

6日午後5時15分ごろ、東京都新宿区霞ケ丘町の明治神宮外苑で開催されていたイベントで、展示物が燃える火災があった。主催者側が間もなく消し止めたが、来場者の佐伯健仁ちゃん(5)=港区港南=が全身にやけどを負い、搬送先の病院で死亡が確認された。健仁ちゃんの父親ら男性2人もけがをしており、警視庁四谷署が詳しい状況を調べている。
神宮外苑で火災、男児死亡=展示物燃え2人けが‐イベント開催中・東京‐時事ドットコムニュース

火災の原因?消防庁が警鐘「白熱電球・LED問わず可燃物をそばに置くのはNG」

木製ジャングルジムの中心部には、多量の木くずが絡みつけられており、上下からライトアップされていた。制作に携わった学生は、「出火当時、展示物の中でLED電球とともに白熱電球のライトをつけていた」と説明。

本来はLED電球のみを使用する予定だったが、急きょ持ち込まれたという白熱電球の熱が木くずに伝わり、燃え広がった可能性があるとみられている。警察は、業務上過失致傷の疑いで捜査を進めている。

熱電球はLED電球よりも表面温度が高くなる性質がある。焼け跡からは投光器に使われていたとみられる白熱電球が見つかった。
神宮外苑火災「白熱電球使った」 LEDだけの予定変更‐朝日新聞デジタル

この白熱電球の熱が木くずに伝わって燃え広がった可能性があるとみており、7日午前、業務上過失致死傷容疑で現場検証を始めた。
神宮外苑火災「白熱電球使った」 LEDだけの予定変更‐朝日新聞デジタル

また、白熱電球を使用したことが取り沙汰されているが、それより温度が低いLED電球でも、可燃物のそばに置けば出火する可能性があるとして、東京消防庁は警鐘を鳴らしている。
一方、東京消防庁は、BuzzFeed Newsの取材に「白熱電球、LED問わず、近くに可燃物を置いてはいけない」と警鐘を鳴らした。
白熱電球から発する熱が直接、可燃物に伝わり、発火する温度に達すれば、火災が発生する。可燃物がそばにあっても同様だ。そのため、木くずに限らず、可燃物が白熱電球のそばにあるのは危険だという。

「出火を招いた事例が多くありますで、注意を呼びかけています。LEDに関しては、温度が白熱電球よりは低いはずですが、出火する可能性はあると思います」
5歳児死亡の神宮外苑火災うけ、消防庁が警鐘「白熱電球、LED問わず、そばに可燃物はダメ」-BuzzeFeedJapan


未然に防げなかったのか?「責任はすべて大学にある」日本工業大学学長が謝罪

世間からは「事故は未然に防げたのでは?」との声が相次いでいる。





今回の火災を受け、制作した学生たちが在籍する日本工業大学は6日深夜と7日午前に記者会見を行った。
成田健一学長は今回の火災を謝罪。事実関係を認め、「責任は大学と学長である私にある」と述べた。
成田健一学長は火災を謝罪し、遺族に「大学としてできるだけのことをしたい」と述べた。また、白熱球の投光器がライトアップ照明として使われていたことを明らかにした。
学長「事故の責任は大学と私」…神宮外苑火災‐YOMIURI ONLINE

設計では、中央上部に内部照明用のLED電球1個を取り付けることになっていたが、学生らの話から、ほかに設置時の夜間作業に使った白熱球の投光器もライトアップ照明として使っていたことが判明した。大学側は7日午前10時半から、再び記者会見を行い、成田学長は「大学の責任の下に出展しており、事故の責任は大学と学長である私にある」と述べた。
学長「事故の責任は大学と私」…神宮外苑火災‐YOMIURI ONLINE

イベントの主催は、消防法にも照らし合わせ、電気や電圧などに制限を設けていたとのこと。出火した作品についても、事前に書類で構造の確認が行われていたが、照明と素材の位置関係などの詳しい記載はなかったようだ。
今回イベントを主催した東京・港区にあるTOKYO DESIGN WEEKの川崎健二社長が6日午後9時すぎ、会場で報道陣の取材に応じました。川崎社長はまず、「貴い5歳のお子様が亡くなられ、ざんきに堪えず、重く受け止めています。申し訳ございませんでした」と謝罪しました。
神宮外苑のイベント会場で火事 5歳男児死亡 2人けが 東京‐NHK NEWS WEB

「作品にとがった部分がないかや、高さなどは確認しているが、全部で600点ある作品の一つ一つを詳しくチェックするのは困難だった。アート作品なので、主催者側からデザインについて、いろいろ注文をするのも難しい」
神宮外苑のイベント会場で火事 5歳男児死亡 2人けが 東京‐NHK NEWS WEB

モラルなき動画の拡散にバッシング 暴走する情報拡散に物議

大規模なイベントで起きた火災ゆえに、写真や動画などで、現場の状況は瞬く間にTwitterをはじめとするSNSで拡散された。中には亡くなった健仁くんの死体が写りこんでいる動画まで確認できる状況だ。



この件に関して、ライターの杉本穂高氏は、以下のような苦言を呈している。
この手の事件があった時にソーシャルメディアなどを介して、多くの現場の記録が出回るのはすでに日常茶飯事になっている。
とりわけ、今回の場合、少年を救出しようとしている瞬間の動画が出回っている。あまりにも痛ましい映像だし、少年の父親にとってあまりにも酷な記録映像だ。
カメラと銃は似ている。悲惨な映像が安易に出回ることに慣れてる場合じゃない‐BLOGOS

巷に気軽にあふれる動画も写真もだが、暴力性に無自覚に溢れすぎているようにも思う。そしてそうした動画や写真が溢れかえっている状況が当たり前ということに、慣れてきてしまっている自分がいることにも危うさを感じている。
カメラと銃は似ている。悲惨な映像が安易に出回ることに慣れてる場合じゃない‐BLOGOS


また、作品を出展した日本工業大学の偏差値を巡っても、ネット上ではバッシングが繰り広げられている。

確かに、作品は出火の可能性が高い構造であったと指摘できるがゆえに、学生らの学力に視線が向いてしまうのも理解はできる。しかし、擁護するわけではないが、彼らの偏差値と今回の火災とはあまりにも論点がかけ離れているのではないだろうか。


あまりの速さに、情報が「暴走」してしまいやすいネット社会。その取捨選択と、物事の核を見失わないようにしなければならない。


まずは亡くなった健仁くんのご冥福を心よりお祈りしたい。

\ みんなに教えてあげよう! /