トップニュース

土砂災害不明者2人、捜索続く

広島市の土砂災害で、広島県警や消防、自衛隊は29日午後も約3千人態勢で、残る行方不明者2人の自宅がある安佐南区八木地区の捜索を続けた。住宅地に流れ込んだ巨大な岩を、自衛隊の削岩機で割る作業も始め、発見を急ぐ。死亡した72人の身元は全員判明している。一方、政府の現地対策本部長を務める西村康稔内閣府副大臣は、今後の復興計画について「地域ごとに作成した作業手順を来週後半に示し、(住民に)安...全文>>