トップニュース

広島県警 交通規制で21年間ミス

広島県警は24日、広島市安佐南区の市道交差点で21年間、誤って交通違反を摘発していたと明らかにした。県内で同様のミスが約50カ所であったといい、県警は反則金を返還する方針。県警によると、安佐南区の交差点では、車線数を誤って規制していたという。ことし7月15日、交通機動隊員が交差点で摘発した際、誤りに気付き発覚した。全文>>