トップニュース

辺野古 海底調査期限を6月まで延長

沖縄防衛局は31日、米軍普天間飛行場の移設先、名護市辺野古沿岸部の埋め立てに向け、31日としていた海底ボーリング調査の期限を6月30日に延期したと発表した。延期は昨年11月に続き2回目。「天候の影響により遅延が生じたため」と説明した。中谷元・防衛相は31日午前の記者会見で「6月までに調査を終え、夏にも埋め立て過程に着手したい」と述べた。防衛局は昨年8月に海底調査を始め、翌9月中旬まで...全文>>