トップニュース

小保方氏"結果に大変困惑している"

理化学研究所は19日、小保方晴子研究員(31)と論文共著者の丹羽仁史氏らが別々に行ったSTAP細胞の検証実験で、「STAP現象を再現できなかった」と発表した。小保方氏の実験は11月末で終わっており、小保方氏は21日付で退職する。丹羽氏らの実験は来年3月末が期限だったが、続ける意義がないとして打ち切った。検証実験チームリーダーの相沢慎一氏や丹羽氏らが東京都内で記者会見した。小保方氏は会...全文>>