巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

うさぎ好きと廃墟好きが集まる「うさぎ島」

このエントリーをはてなブックマークに追加

【上】うさぎ達がお出迎え【中】餌ウマーな表情のうさぎ【下】なにかを発見したかな? (C)岡野ゆいち

本上まなみのオフィシャルサイトは「うさぎ島(USAGI JIMA)」というんですが、実は日本に実際に「うさぎ島」と呼ばれるうさぎの楽園があったのです。

その島の名前は大久野島(おおくのじま)。瀬戸内海のしまなみ海道に浮かぶ周囲4.3kmの島で、広島県竹原市にある忠海港からフェリーで15分ほどの所にあります。人は住んでおらず、住んでいるのは推定100羽のうさぎ達だけ。船を下りるとうさぎ達がお出迎えしてくれるという、うさぎフリークには夢のような島なのです。

“うさぎ島”と聞くととてもファンシーでリリカルな島のように聞こえますが、実はこの大久野島、廃墟ファンにも見逃せないスポットとして知られています。

この島は第二次世界大戦時代、国際法で禁止されていた毒ガスの製造を密かに行なっていた歴史があり、その存在すら隠されていたため「地図から消された島」と呼ばれることもありました。うさぎが暮らすようになった理由も実験用と毒ガスの漏れをチェックするためにうさぎが島全体に放たれていたことが始まりといわれています。

その痕跡は現在でも島の各所で見ることができ、廃墟フリークとうさぎフリークが集まる不思議な島として存在しているのです。

ちなみにうさぎと仲良くなるにはエサの携帯が必須。島でエサ約80gを100円で購入できますが、ハングリーなノラうさぎ達はあっという間に食べてしまうと思われますので、島に行く前に都市部でうさぎ用のエサを大量に買って行くこととオススメします。キャベツやニンジンなどの野菜も大喜びですよ。

島自体は今では休暇村として利用されており、キャンプや温泉などのレジャー施設が揃っていますので、瀬戸内海に浮かぶ美しい島に遊びに行くといった目的でも楽しめます。
(エキサイトニュース編集部 たんなお )

2004年6月11日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品