巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

春と秋はどちらが寒いのか

みなさんは春と秋どちらが寒いと思いますか? それとも同じぐらいの気温だと思いますか? また、春や秋と言われれば一体何月を思い浮かべますか?

暦から見れば、四季を三ヶ月毎に区切るとして3−5月が春、9−11月が秋、とするのが妥当な線で、そうすると、その真ん中の4月が春本番、10月が秋本番、と言うことになります。季節感は人それぞれなので一概には言えませんが、春になったなぁ、あるいは秋になったなぁと実感するのはこの二つの月なんじゃないかというのは、少なくとも本州〜九州の方々には何となくコンセンサスが得られるところなのではないかと思います。

ところが、気温の統計からみれば、皆が暖かい春の到来に心踊らせる4月上旬の気温は、秋で言えばちょうど今頃の、11月中旬から下旬の気温にあたります。例えば東京を例に取れば一日の平均気温が12度前後。月全体でみても、本州平野部の多くの地域で春本番の4月の気温は晩秋の11月の気温と1度程度の差しかありません。逆に秋本番の10月の平均気温は東京では約18度で、これは春で言えば初夏とも形容される5月の気温に近いのです。こうして見れば、4月と10月とは6度近くも気温差があるのですよね。

つまり、気温からみれば、秋は春に比べて一ヶ月サバを読んで同じような季節感を感じていることになります。長く寒い冬を過ごした後は、少しでも暖かくなればポカポカ陽気に感じてしまい、逆に猛暑の夏を過ごした後は、少しでも涼風が吹けば秋を感じてしまう…。春と秋のこの季節感のズレは、気温の値そのものだけでなく、気温の変化が季節感に大きく影響を与えていることを想像させます。

この気温の変化という点で見れば、春と秋はかなり様子が異なっています。春は、3月後半から4月いっぱいにかけて5日で1度の急ピッチで気温が上がったあとはだらだら。そして梅雨後半に再び急ピッチで上昇して一気に夏!となるのに対し、秋はまさにつるべ落とし。9月に入ってから11月いっぱいにかけての長期にわたって、同じく5日で1度近いハイペースで一直線に気温は低下してゆきます。

さて、12月に入りました。春で言えば3月中旬の気温にあたりますが、皆さんの「体感」ではいかがでしょうか?(koala)
関連キーワード

2004年12月2日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品