巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

兵庫県に七三分け専門理容室があった!

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、Bitで掲載されたのなかなおみさんの記事「アフロヘアー専門美容室の謎」に触発されて執筆。なんと兵庫県は加古郡播磨町、山陽電鉄播磨町駅すぐの駅前通りに七三分け専門の理容室があるのだ。店名はずばりの「七・三製造工場」。

所在地の兵庫県では、7月3日に知事選挙を控え、タレントのサトエリこと佐藤江梨子をキャンペーンに起用している。啓発ポスターは七三分けのサトエリに、7月3日と七三分けの実直なイメージを掛けた「7・3は、きっぱり意思を伝えよう」のコピーだ。このポスターがネットオークションに出品されて問題になったなんてニュースもあったからご存知の方も多いのではないか。そう、今、兵庫県では七三分けが熱いのだ……。

七・三製造工場の藤本直哉店長に直撃した。
「店長ってやめてなぁ〜。工場長にしといて。そういうとこ大事やねん。この辺は昔から理容室が多くて、町内に30くらいあるわ〜。まあそんな中、サラリーマン客を当て込んでの店名やわな」

さらに、工場長に七三分けへの思いを聞いた。
「考えてみい、歴代社長やら歴代校長の写真、偉人といわれる人たち、昔から偉い人は七三分けと相場は決まっとんのや。男なら黙って七三分けやで〜」
と熱く語る工場長の髪型は今時の若者風無造作おしゃれヘアーだった。のなかさんの記事と同じ顛末が笑える。

最後に、大阪にアフロヘアー専門店があることを伝え、アフロヘアーへのコメントももらった。
「アフロ!? これからの暑い時期、せいぜいがんばってや〜」

アフロ対七三のヘア抗争勃発か!? 勝敗は「きっぱり」お願いね。(吉田ジョージ)

「七・三製造工場」
住所:兵庫県加古郡播磨町野添186-1
電話:0794-37-0996

2005年7月4日 00時00分

注目の商品