巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

認定証ももらえる、東京タワー「昇り階段」イベントに挑戦!

ひたすら上を目指して階段をのぼります。なぜかこの認定証、最初にもらえます。

夏といえばやっぱり“かいだん”。東京タワーでは、毎週日曜・祝日のみオープンしていた名物イベント「昇り階段」を、夏休み特別企画として8月中は毎日オープンしているのだという。
大展望台までの150メートル、約600段の外階段を昇るこのコース、かなりのカロリー消費が期待できそう。最近、ビールの飲み過ぎで下っ腹が「軽くやばい」(by観月&工藤)というより「かなりやばい」状態の私。これはもう昇るっきゃないっしょ。

さすがに夏休みだけあってすごい人出。展望台へ上がるエレベーターの前には長蛇の列が。しかし、「階段コース」のプラカードを持ったお姉さんに誘導されて、専用エレベーターへ行くと、そこは全く混み合ってない。「お先に失礼〜」とばかりに、なぜか優越感にひたれるのであった。

最初に、受付のお姉さんに東京タワーオリジナルキャラクター・ノッポンブラザーズ(みうらじゅんも絶賛のゆるキャラ)の「昇り階段認定証」とオリジナルノートをいただく。まだ昇ってもいないのに認定証をもらうとは……。棄権は絶対に許されないらしい。ひえ〜。

夏休みだけあって、小学生の親子連れの参加者が多い。しかし、元気に駆け上がる子供の後ろでお母さんはすでにバテ気味。「ママ、まだあ〜」と、遥か上から子供の非情な声がする。

この日は天気もよく、眺めが大変よい。増上寺の境内の緑はとってもきれいで、東京にもこんなに自然があるんだなあと感心。300段を過ぎても意外に疲れないのは何故だろう。会社の階段なんて5階まで上がると息が切れるというのに。やはり景色の効果なのか、ハイキング気分で楽しめる。

いよいよ階段もなくなり、おお、もう着いた? ……と思いきや、ドアを開けるとまた階段が……(がっくり)。これで一気に疲労感が。
そうはいってもあと少し、ファイト一発、一気に駆け上がってラストスパート! ゴールの大展望場へ辿り着くと、ゼエゼエと息が切れ……。
普通に昇ればだいたい8分で登れるらしいが、記念写真を撮ったりダラダラ昇っていたので10分少々かかった。幼稚園児ぐらいの子供でも15分程度で昇れるそうだ。

しばし東京を一望しつつ休憩。さて、帰りはエレベーターを使って降りることもできるが、せっかくなので階段で降りようではないか。地上に着くと、あらら膝が笑ってる。翌朝は筋肉痛だぞ、こりゃ。

自宅に帰って体重を計ってみると、やったー、1キロ減! 効果あるんじゃないの、階段昇り降りダイエット! 小学生のお子さんはもちろん、運動不足のお父さんも、東京タワーの「階段昇り」にトライしてみてはいかがでしょう? (いなっち)

他にもこんなコネタがあります

2005年8月20日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品