巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

環境に優しく便利な紙の缶コーヒーって?

(上)カートカンのコーヒーとお茶。真横からだとスチール缶にも見える。(下)切り開いた状態。

朝に弱い筆者には、毎朝缶コーヒーが欠かせない。某企業さんにお邪魔した朝も寝ぼけ眼で自販機に小銭を投入。ガラガラ、ポン。ん? いつもと同じ形だが何か感触が違う。あ、これは紙。なになに、「カートカン」と書いてある。最近、鉄鋼が不足気味だと言うけど、遂に缶が紙になったのか? とりあえずインターネットで調べてみた。

カートカンとはカートン紙製の缶容器のことで、ドイツ&フィンランドで開発され、日本では凸版印刷(株)が製品化した。主原料が針葉樹の間伐材や木くず、使用後は牛乳パックのように畳んで回収・再利用できるなど、「環境」を意識した容器。形がスチール缶と同じなので普通の自販機でも売れる。1996年からあるそうだが、筆者は初めて見た。どこで売られているのか「森を育む缶製飲料容器普及協議会」に訪ねてみた。

「屋内から出るゴミは紙の方がよい、という考えから企業さんのフロアや東京ドームなど、屋内の自販機で売られています。街角の自販機にはないでしょう」
それで見かけないのですね。外で買った時は、「燃えるゴミ」にしちゃうから分別回収できないってことかな。
「スーパーの店頭にもあります。スチール缶と同じ195ccが主流でしたが、女性などからの『多すぎる』との声に応え、最近は125ccが主流です」
健康飲料も多く、環境重視と通ずるところがありそう。

また、カートカンは蓋を開け、電子レンジでチンしてもいい。
「常温での6ヶ月保存のため、普通の紙容器にはアルミを張ります。だから、電子レンジに入れるとスパークしちゃいます。カートカンはセラミック蒸着フィルムを使っているので大丈夫です」
スープや甘酒の容器にも適するそうだが、炭酸飲料は圧力が上がるのでダメとのこと。

同協議会によると、2005年度の生産量は1億8000万本(予測)。毎年増えてはいるが、100億缶を超えるスチール缶やアルミ缶にはまだまだ届かない。
「取扱量を増やすには、コンビニにもっと置いて欲しいですね」

カートカンの原料は国産材が30%以上。最近、花粉が増えている理由に植林で育てた杉が売れず、荒れた林が増えているそうだ。カートカンが普及したら、杉林が整備され花粉症も少しは減る……なんて期待できるかも。ちょっと苦しい結論?(R&S)

他にもこんなコネタがあります

2005年10月6日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品