巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

大富豪の定番、アレはどこで売ってるの?

画像提供:アクアスタイル 上は「無名の島」で1400万円、下は「タゴマゴ島」でなんと10億円!

最近、ヒルズ族などセレブブームもあり大富豪を取り上げるメディアが増えている。大富豪の定番アイテムといえば、フェラーリなどの高級車、高級マンション、そして島! 高級車も高級マンションもわかるけど、「島」って一体どこで売ってるの?
庶民には到底手が届きませんが、品定めならぬ島定めぐらいはしてみたい。そんな中、無人島を専門に取り扱う不動産屋さんを発見! 島を所有したい人必見の情報です!

大阪府にある不動産屋、『アクアスタイル』。ここはおそらく日本でも初めてだと思われる無人島の販売、レンタルに特化した珍しく斬新な不動産屋さん。どんな島が売っているのか? どんな人が買うのか? 気になる疑問をぶつけてみた。

そもそも無人島は、日本近海にもたくさんあるが、ほとんどが持ち主のわからない島だったり、国の指定を受けているなどで流通されるのはほんの一握りらしい。だからその価値は上がることはあれ下がることは、ほとんどない。
しかし、無人島なんて一体誰が買うのか? 話を聞くと、現在月に10件以上の問い合わせがあるそうで、会社の投資目的が多いとの事。しかし中には個人でも購入を考えている人もいるそうで、現在も数名が交渉中。実に夢がある話である。

どんな島が売っているかというと、例えば長崎県に浮かぶ「無名の島」。ここはまだ名前がない島なので、自分で好きな名前をつけることが出来る。7200坪という広大な敷地で、対馬空港より車で10分以内、しかも干潮時(一日に一度)には、徒歩で渡れるほど本土より近く、電気、水道などの設置も簡単に出来る! この無人島のお値段は、なんと1400万円!! 
これは安い! きっとお金があれば衝動買いしてしまいそうな程、お手頃価格ではないだろうか。

また、海外がご希望の人はスペインの「タゴマゴ島」。世界中の最先端セレブが集まるイビサ島に隣接し、プール付超高級ヴィラも完備でお値段10億円! もはや高いのか安いのかわからない。ただひとつ言える事はスゴイ! 浪漫! あまり単語で使う言葉ではないが、とにかく夢や浪漫が溢れている。

島は実際に売っていた! 買えないにしろ、買えるという現実が男を奮い立たせるではないか!? これからは「男だったら一軒家」ではなく、「男だったら無人島」の時代が来るかも知れません!?

尚、『アクアスタイル』では他にもたくさんの無人島物件を取り扱っているので、ご興味ある方はHPをご覧下さい。
「下見も可能です!」との事です。
(木南広明)

他にもこんなコネタがあります

2005年11月8日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品