巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

納豆の美味しい食べ方は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

(上)やっぱり一番人気の食べ方はコレ (中)意外な組み合わせ!おくらしぐれ納豆 (下)夏にピッタリな納豆冷やしそば
※(中・下写真) (C)タカノフーズ

「納豆にはシーチキンが定番だよね」――何気ない友人の一言にビックリした。私は付随のたれと辛子を入れるのみ。たまに「ねぎ」を入れるくらいだ。

でも友人は、「我が家では定番だよ」と自信満々。だまされたと思って試してみると、意外なほどに美味しい! きっと他にも納豆の美味しい食べ方はありそうだ。そこで、25名に納豆をどうやって食べているか訊いてみた。

すると、納豆には何かを混ぜて食べる人は予想以上に多いと判明。なかでも圧倒的な人気を誇るのは、やっぱり「ねぎ」と「卵」。また、複数の具の組み合わせるというこだわり派の2大人気は、「ねぎと卵」と「ねぎと大根おろし」だった。さらに納豆に合う料理として、ごはん以外を挙げる人も多く、人気があったのは、オムレツ、カレー、トースト、パスタなど。

もちろん私のように付属のタレと辛子だけで食べるという人もいたが、一方で、えっ?! と驚くようなものを混ぜる人も。回答をざっと並べてみると、おかか、のり、練り梅、長芋、チーズ、キムチ、マヨネーズ、アボカド、ヨーグルト……。ここまでくるともう何でもありといった感じか。

それにしてもどこまで本当にありなのか? そこで、おかめ納豆で有名なタカノフーズに訊いてみると、「意外と何にでも合う」のだそう。実際、タカノフーズのホームページにある「おかめ厨房」のコーナーでは、納豆と様々な食材とのコラボ料理が紹介されていて、なかにはアボカド丼なんてメニューもちゃんとあった。

そこで、納豆アレンジビギナーの私も何か新しい味を試したい! とオススメの食べ方を訊いてみると、「夏に向けてさっぱり食べられる、かつ火を使わない手軽なメニュー」を2品紹介してくれた。どちらも簡単でビギナー向け。みなさまにもぜひ一度試してほしいメニューだ。

まずは、納豆とわさびという意外な組み合わせの「おくらしぐれ納豆」。さらに大根おろしを加えると、納豆特有の臭いや粘りが抑えられ、さっぱりして非常に食べやすくなるのだそう。彩りに同じくネバネバしているおくらを混ぜればさらに美味。おつまみにもぴったりだ。

もうひとつは、納豆と麺類のコラボ、「納豆冷やしそば」。響きからしてサッパリと美味しそうである。納豆とタレを混ぜて、冷たいそばやうどんに載せるだけで、栄養満点のメニューに早がわり。これから暑くなってきて食欲が減退してもサラリといける。

どうやら思った以上にいろいろな楽しみ方ができる「納豆」。いつも同じ食べ方をしている人も、たまには新たな食べ方を開拓してみては?
(古屋江美子)

2006年5月1日 00時00分

注目の商品