巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

湿気ても美味しいスナックを探せ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「カール」と「うまい棒」は湿気た感がクセになるかも!?

先日、タレントの金子貴俊が、「キャベツ太郎」を湿気らせてから食べると美味しいといって、テレビの番組内でわざと3日ねかせて湿気らせた「キャベツ太郎」を食べていた。それを見て、なんとなくその感覚がわかった私。昔、なんのスナックだったか忘れたけれど、湿気てしまったのを食べたら、意外に美味しかったからだ。

というわけで、わざといろんなスナックを湿気らせてみて、美味しいものを探してみようだなんて、くだらないことを考えてしまった。さっそく実験開始!

エントリーしたスナックは、「ポテトチップス」(カルビー)のうすしお味とねぎしょうゆ味、「さやえんどう」(カルビー)、「かっぱえびせん」(カルビー)、「ドンタコス」(コイケヤ)、「サッポロポテト」(カルビー)、「餅太郎」(菓道)、「ベビースター」(おやつカンパニー)、「カール」(明治)、そして、残念ながら「キャベツ太郎」が見つからなかったので、食感の似ている「うまい棒」(やおきん)をチョイス。あ、「カール」も似ているか。

それぞれを丸3日間ねかせて、湿気らせておいてから食べてみた。
それではさっそく、結果発表!

まずは「ポテトチップス」。しんなり、ふにゃっとして変な食感が気持ちが悪い。「ポテトチップス」本来のパリッとした歯ごたえがないと、こんなことになってしまうのか。味の違いはあまり関係なかったが、うすしお味の方は、もたっとした食感がさらに重たく感じられ、じゃがいもっぽさが強くなる。これは味も食感も、はっきりいってオススメできない。

お次は「さやえんどう」。まあまあいけるかも。違いがわかりにくいというのもあるが、サクサク感が多少失われても、まずくはならない。

「かっぱえびせん」は、最初の一噛みが固い。味は悪くないが、やはり「やめられない、とまらない」とは言えなくなってしまった。

「ドンタコス」はポテチ同様、しんなり、やわらかくなると歯にまとわりついて噛みにくく、味もさらに濃くなる。はっきりいって、ま、まずい。

それから「サッポロポテト」。これはなかなかいける。最初だけちょっとしんなり感があるが、わりと美味しいかも。

そして「餅太郎」。個人的に大好きなこともあり、やはりふつうの状態で食べたときの方が美味しいに決まっているが、まあ悪くはない。やわらかくなるので、もちっと感が増すかも。

「カール」は、外側が固く、歯にくっついて食べにくい。でも、食べているうちに、内側がしゅわっととけていく不思議な食感。味は美味しく、おなかが空いているときに食べると、結構いける! と感じてしまいそうだ。

「うまい棒」もカール同様、最初の一口は固いが、そのうちとけてしまう。この感覚は、クセになる恐れありかも。

最後は「ベビースター」。なんだこれ? 気の抜けた感じで、味も薄くなる。歯ごたえも微妙で、なんだかよくわからない。これはやめたほうがいいな……。

さて、すべて食べてみた結果、わかったこと。
やはりパフ系の「カール」と「うまい棒」は、独特の食感がクセになりそうな感じ。「キャベツ太郎」にも同じことがいえそう。でも、個人的に順位をつけるなら、「サッポロポテト」、「さやえんどう」、「カール」、「うまい棒」といったところか。

「ポテトチップス」系は絶対にやめた方がいい。「ドンタコス」もしかり、薄いものは向いていないようだ。やはり、あくまでもパリッとした歯ごたえが命である。

そして、お口直しに湿気てない方をそれぞれ食べてみたら、やっぱり美味しかった(あたりまえ!)。昔、意外に美味しいと感じたほどの美味しさはなかったので、味覚が変わったのかも。

はっきりいって、湿気ても一応食べられますよ、という程度であって、わざわざ湿気らせるのはどうかと思った。でももし、実験した以外のスナックでも、これは湿気ると美味しいというのがあれば、ぜひ教えてほしい!
(田辺 香)

2006年6月3日 00時00分

注目の商品