巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

日本の選挙活動を描いた映画『選挙』の魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加

(上)映画『選挙』のポスター。日本人こそ必見!?。
(下)監督のみならず、撮影、録音、編集と全てを一人で手がけたという想田和弘さん

先日開催されたベルリン映画際、フォーラム部門に招待され「一大センセーション」とまで批評され、欧州メディアからも大好評だったドキュメンタリー映画『選挙』。

日本人が日本の選挙を撮るということで、日本人にとっては「わかりきっている」と思われがちな選挙を、ドキュメンタリー・観察映画として仕上げた作品だ。
そんなこともあり「欧米向けかな?」と思わせたりしたのだが、実際は、日本人こそが観なくてはならないものだった。
「わかっている」はずのものの選挙や選挙運動が、これを観ることによって「わかっていなかった」と思うと同時に、政治とは離れた全く他のものに変化して、笑いあり、涙ホロリ、怒りあり、のメロドラマを観ているような気分にさえしてくれる120分間だ。

市議会補欠選挙で自民党推薦による選挙運動から、開票日までの2週間に密着して撮影され、スタッフは監督の想田(そうだ)和弘さんただ一人。撮影、録音、編集と全てを一人でやりこなし、制作費さえ自己負担だったという。
切手コイン商を営む主人公の「山さん」こと山内和彦さんは、この選挙に出馬するまでスーツさえ着たことがなかったらしく、ボヘミアン的な経歴がありそうなものの、監督とは、なんと東京大学の同級生。

現在NY在住の想田監督であるが故に撮れた映画だったのだろうか? 日本に住んでいたなら撮れなかった、または撮らなかった題材の映画だったのだろうか?
「僕はアメリカに住んで長いので、日本で生活している人には至極当たり前で素通りしてしまうようなことでも、どこか珍しいというか、興味深く見えることが多いのです。
例えば、満員電車のシーンなど、日本に住んでいたら撮ろうとも思わないでしょう。
しかし僕にとっては、ああいう場面が妙に印象に残るし、日本の社会について何かを雄弁に語っているように思えるのです。
とはいえ、僕が日本で暮らしていたとしても、山さんが自民党から立候補すると知ったら映画に撮りたいと思ったでしょうね。というのは、ドキュメンタリーの題材として、あまりにも魅力的ですから」と想田監督。
「映画『選挙』は自民党が行う選挙運動を否定したり持ち上げたりする映画ではありません。選挙や民主主義について考えたり、議論したりするきっかけになってくれることを期待します」とも言っていた。
NHKのドキュメンタリー番組を40本以上も演出した経験があるという。先入観を捨てて、現実を観察し、そこから学ぶという監督自身のドキュメンタリーの根本姿勢が映画に表現されており、ナレーションもなければ、特殊効果や音楽さえもない。
これは、監督の意図でもあろう「観客も先入観を捨てて、被写体を観察し、選挙運動を体感して欲しい」が、そのまま現れているので、観ている側にとっても、すんなり身を預けて観れる、珍しいありがたいカタチだと思う。

ベルリンに続いて、香港、パリ、スイス、カナダ、スペイン、アルゼンチン、など世界の映画祭からの招待が相次いでいるという。
期待の日本公開は、夏の参院選の前を狙っているそう。お見逃しなく!
(シカゴ/あらた)

『選挙』公式HP

2007年3月14日 00時00分

注目の商品