巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

立ち飲みは酔いにくい!?

(上)ビールのおいしい季節が到来。あなたは立ち飲み派? それとも座り飲み派?
(下)『マンガで読む脳と酒―ふしぎな関係65問』(阿部和穂/りこう図書)。お酒にまつわる不思議をQ&A形式で分かりやすく解説。酔いについてもっと詳しく知りたい! という方にお勧めです

仕事あがりに気軽に寄りたくなる立ち飲み。「一杯だけ」のつもりが、思わず飲み過ぎてしまったなんてことも。そこでふと思うのは「なんだか座って飲むより、立って飲んだほうが酔いにくいのでは!?」ということ。これはただの錯覚!? それとも立って飲むことで、体や脳になんらかの作用が働くから?

そんな疑問を解決すべく、脳科学者で『マンガで読む脳と酒』(りこう図書)の著者でもある武蔵野大学薬学部教授・阿部和穂氏に聞いてみました。
「結論からいうと、立って飲んでも座って飲んでも、お酒に対する酔い方は変わりません。酔いは、アルコールが胃腸から吸収され、血液に入って全身にまわり、その一部が脳に入り込み神経を麻痺させた時に生じます。ようするに、その酔いのレベルは、血中のアルコール濃度と神経麻痺の程度によって決まるわけです。これを絶対的酔いと定義するならば、同じ量のお酒を飲んだ場合、立っている時と座っている時でアルコールの吸収や体内分布が変わるとは考えられません。脳神経のアルコールに対する感度も、立っていようが座っていようが同じでしょう」と核心をつくお答え!

でもやっぱり、立って飲むと酔いにくいような気がするのですが……。
「おそらく立ち飲みが酔っ払いにくいというのは絶対的な酔いからではなく、単なる飲む量やペースの違い、または感じ方の問題なのでは?」と阿部氏。

ふむふむ。例えば立ち飲みの場合、何時間も立っていること自体がしんどいため、長酒や深酒になりにくい=アルコール量がいつもより少なくなりがち。
関連キーワード

2008年7月7日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品