巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ネット上のパスワードが8文字以上の理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

パスワードを決めるときには、よく考えましょう。

パソコンを使ってると、パスワードを入力する場面がたくさんある。
ウェブ上のメールチェックで、ネットショッピングで、ログインのたび要求されるパスワード。

ところでこのパスワード、なぜか“8文字以上”ってことが多い。
これまで気にせず受け入れてたけど、「6」でも「10」でもない、「8」の根拠って一体何なんだろう。末広がりとかじゃない、何らかの理由がありそうだ。

そこで、情報セキュリティに取り組んでいる、情報処理推進機構に話を伺った。

「パスワードで入力できる種類は、アルファベット小文字と英数字、それに特殊記号を合わせても、40個ほどしかありません。そのとき、4文字や6文字だけですと、何者かの手によって、コンピューターでパスワードを解析される危険があるんです」
例えば4文字だと、考えられるパスワードの種類は40の4乗で256万通り。6文字なら約41億通り。一見、途方もない数のようにも思えるけど、コンピューターで比較的簡単に解析されちゃうらしい。相手はパスワードを解析するソフトを駆使して、見破ってくるからだ。
でもパスワードが8文字なら、全部で約6兆6千億通り。こんな桃鉄の世界でしか経験したことがない桁数だと、さすがに解析するには相当な時間がかかる。つまり、適切なパスワード設定をすれば破られない文字数が、8文字以上だったのだ。

でも、だったら10文字以上にした方がもっと安全なはずじゃ?
「もちろん長ければ長いほうがいいですが、長いと今度は覚えにくくなってしまいます。

2008年7月10日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品