巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

廃刊休刊が多いのに、雑誌が続々創刊される理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

創刊!!

インターネットやフリーペーパーの台頭により、「紙の未来は厳しい」などと言われて久しい昨今。
雑誌が売れない状況で、休刊・廃刊になる雑誌も多く、かかわる人間にとっても、ギャラが下がるなど、厳しい状況が続いている。

だが、その一方で、創刊される雑誌も多いことに、驚かされることしばしば。
続々と廃刊・休刊していくのに、それでもどんどん創刊される理由って、どんなことだろう?

出版科学研究所によると、今年の1月から5月末までに廃刊・休刊された雑誌は、75誌。一方、創刊された雑誌は79誌という。
「雑誌の創刊数は、2007年が182点、2005年が201点と、常に増減しています。そのなかでも、近年の傾向としては、女性誌の創刊が多いこと、コミックやアダルト大衆誌が多いことが挙げられますね」
と担当者。

特に近年、創刊雑誌が増えているというわけではないようだが、次々に創刊される理由は……。
「やはり出版社が経営していくうえで、売上を伸ばすためには、新しいモノを出さないと難しいことがあります」
と、予想通りのご回答。

では、廃刊・休刊になることで、雑誌を管理する識別コード「雑誌コード」が空いてしまい、それを埋めるためなんて事情もあったりする?
「それもありますね。雑誌コードは、一度『廃刊』になってしまうと、10年ぐらい間を置いて使うことになるため、とりあえず『休刊』とし、復刊の際に同じコードを引き続き使う場合が多いです」
そもそも、「雑誌コード」をとるのが難しいからとよく聞くけど、なぜそんなにも難しいんでしょう?
「取次会社などで、雑誌の将来性、部数の目処など、様々な条件をクリアしなければならず、雑誌に新規参入の場合は、かなり実績を積まないと難しいということがありますね」
そのため、近年、多いのは、「独立創刊」というパターンだとか。
関連キーワード

2008年7月20日 00時00分

注目の商品