巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

オバさんへヴィメタル・バンドが中年の日常を歌い、叫ぶ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

中央が雷神、向かって右が風神、左が水神。それぞれお気に入りのミュージシャンはIRON MAIDENのニコ・マクブレイン、DEMONのレス・ハント、元WHITE SNAKEのルディ・サーゾ
撮影/塩澤真樹

( 1 / 2 )

今、ヘヴィメタル・シーンで旋風を巻き起こしているバンドがある。その名も、「オバメタル・ライジング」。バンド名から想像できる通り、3人のオバさんによる本格メタルバンドだ。ドラム&ヴォーカルの“雷神”は44歳、ギター“風神”は40歳、ベース“水神”が45歳と、おしゃれに言えばアラフォー世代の中年女性が、髪を振り乱してオバさんの日常を歌い上げている。

たとえば「ゴッド・オブ・サンダー」では、賞味期限を“マイルール”で決め、昨日のおかずをレンジで温め直して食卓に並べる主婦の姿が描かれる。家計節約のため、子どもたちを連れて特売セールへ駆けつけるのも主婦ならでは。

<白クマを守れ!>と熱く叫ぶ「炎のエコロジー」では、ゴミの分別やエコバッグでの買い物をすすめている。なんてったって、オバさんだもの! 実際に、演奏を聴いてみたい人は、「YouTube」をチェックするといいだろう。

もろにオバさんを表現した歌詞と、激しいヘヴィメタルの豪快なまでの併せ技。これが笑わずにいられるだろうか。ライブ会場では、オリジナルの「オバメタル・エコバッグ」を販売しているというからさらに面白い。

このバンドの誕生は、雷神が「ゴッド・オブ・サンダー」の歌詞を思いついたことがきっかけになっているという。♪I am the god of the thunder~ゴッド・オブ・サンダー~オブサンダー~オバさんだ!

「雷鳴が轟く中で思いついた歌。
関連キーワード

2008年7月27日 00時00分

注目の商品