巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

夏の祭典、ここに完結 「マウスパッド投げ世界大会2008」

シェフ投げ

( 1 / 3 )

以前コネタで紹介した「マウスパッド投げ世界大会2008」が、去る7月20日に開催された。

マウスパッド投げの世界一を決める「マウスパッド投げ世界大会」。愛知県知多市の新舞子ブルーサンビーチには、選ばれし78名のスロワー達が大集結! 36℃を超す猛暑のなか、気温に負けず劣らずの熱い戦いが繰り広げられた。
応募総数423名、観客数530名と、過去最大級の規模となった今大会。主催者である日本マウスパッド投げ連盟(日マ連)の松永氏に2008年大会を総括してもらった。

「予想を遥かに超える人数が集まっていただきまして、本当にびっくりしました。残念ながら新たな世界記録はでませんでしたが、全体的な競技レベルが上がっているなと、ひしひしと感じましたね。今年の風は終始アゲインストだったのですが、皆さん好記録を連発されていました」

惜しくも世界記録の更新はなかったが、全体的なレベルは上がっているとのこと。前回大会のチャンピオンですら、今年は表彰台に上がれなかったのだ。そんな群雄割拠の中から見事チャンピオンに輝いたのは、60メートルという史上2位の記録をたたき出した神野氏。

「綺麗な放物線が印象的でした。美しい投てきでしたね。もし風がアゲインストではなくフォローだったら、世界記録の更新もあったかもしれません」と松永氏も絶賛。おめでとう!

さて、2008年大会からは、部門別での表彰も行われた。男性の部門、女性の部門、アンダー12部門、パフォーマンス部門の4つの部門である。
関連キーワード

2008年7月26日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品