巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

花火「スターマイン」は、もともと「菊畑」だった

夏の夜といえば、やっぱり打ち上げ花火です。

8月2日にピークを迎える、今年の花火大会。
毎年8月の第1土曜日が最も開催日が多いそうで、地方で開催が多い8月中旬の旧盆まで、特に多くの花火大会が開催される。
そこで今日は、花火大会で次の花火がなかなか上がらないときに話せる、ちょっとしたお話を。

花火を乱打させる「スターマイン」。この言葉が、英和辞典に載ってないのを知ってますか?

英語で書くなら「starmine」。直訳すると「星地雷」。確かにそれらしい意味合いになるんだけど、英語にはスターマインって言葉がないらしい。一体どうしてなんだろうか。日本煙火協会に話を伺った。
「海外の花火は、セレモニーやフェスティバルの一部として、スターマインの形式で打ち上げられることが多いですが、名前としては単に“fireworks”(花火)としか呼ばれていないようです。日本のように花火自体を楽しむという文化が希薄なので、花火についての語彙が少ないようです」

ってことは、スターマインって和製英語?
「それが諸説あって分からないんですよ。先ほどの話と矛盾しますが、海外から入ってきた言葉という説もあるほどです。ただ、日本にも昔からスターマインという打ち上げ方はありまして、以前は“菊畑”と呼ばれていました。響きがいいのか“スターマイン”に落ち着きましたが」

菊畑……なんだろこの躍動感のなさ。追悼の念さえこみ上げてくる。
誰が呼び始めたか分からないけど、スターマインって言葉をつけた人は偉大だ。
関連キーワード

2008年7月28日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品