巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

味が想像できない!? 小豆島の『オリーブサイダー』

オリーブサイダー(200ml)200円(税込)

瀬戸内海に浮かぶ小豆島。壺井栄氏の名作『二十四の瞳』の舞台でもあるこの島は見どころだけでなく、名物も多い。代表的なものは醤油、そうめん、そして「オリーブ」だ。

そのオリーブを使ったドリンク、『オリーブサイダー』なるものが発売された。実は今年はオリーブ植栽100周年。同商品はそれを記念して発売されたものだ。ちなみにオリーブの栽培は明治時代にまでさかのぼる。当時アメリカから輸入された苗木は、小豆島・三重・鹿児島の3か所で育てられたものの、最終的に栽培に成功したのは小豆島のみだったそう。

商品を販売している谷元商会の方に話をきいてみると、
「オリーブの実からオイルを取るのですが、オイルに使えるのは実の2割以下。あとは水分なので使えません。そこで残りの果汁を使って何か作れないか? と考えたんです」
県と協力しながら試作を行い、オリーブサイダーを開発。今年3月に販売を開始した。

販売から半年近くが経つが、お客さんからは、
「どんな味か想像できない」
という声が多いという。あれこれと味を想像するより、飲んでみるのが早い。ということで私も早速飲んでみた。キャップを開けるとほのかなオリーブの香りが鼻をくすぐり、口に含むと優しい甘味と炭酸の刺激がなんともいえないハーモニーを奏でる。かなり美味!
「りんごのような味と表現する人もいますよ」
とのことだけど、確かに似ているかも。美白効果などが期待できるヒドロキシチロソールが約15ml含まれているというのも嬉しい。

2008年8月1日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品