bit

仕事しながら読書!? 精神科医・名越先生が編み出した読書術「三角読み」

仕事しながら読書!? 精神科医・名越先生が編み出した読書術「三角読み」

一般的に読書は有意義なこととされ、速読を指南する本も多い。できるだけ速く、たくさん読むのが良いという価値観があるように思う。しかし、本当にそうなのだろうか? 目的のない乱読であっても、読めば読むほど知的になれるの……?
テレビ出演などでおなじみの精神科医・名越康文氏がそんな疑問に答える『精神科医が教える 良質読書』(かんき出版)という本をリリースした。名越先生といえば博覧強記というイメージがあるが、意外なことに実は30歳まで、大の本嫌いだったという。そんな氏が試行錯誤のうえ身につけた独自の読書術について、お話をうがかってみた。
仕事しながら読書!? 精神科医・名越先生が編み出した読書術「三角読み」


読書に劣等感を持っていたからこそ、執筆を決意


――名越先生はこれまで心理学の著書は何冊か出されていますが、読書術について執筆されたのは初めてかと思います。きっかけは何だったのでしょうか?

名越 本当のことを言うと、この本の執筆はお断りしようと思っていたんです。僕は読書に苦労して、30歳から読書を再開した人間です。読書術の本は、年間何百冊も読まれている方が書くものだと思っていたんです。僕なんてとんでもない。ところが、担当編集者に僕の今まで苦労してきた読書術についてお話したら、「おもしろい、それがいいですよ! そういう本を書いてください」と。編集者の話を聞いて、世の中には読書が好きだけど、読書に対してコンプレックスを抱いている方が意外に多いと知ったんです。
読んだ知識、教養がもっと展開されるような読書の仕方はないものか。それが人生に活かせる読書はないものか。自分は読書が下手なんじゃないのか。そんな人がゴロゴロいると気づきました。
そういった人たちになにかヒントになる、手を差し伸べるような本はできないか。元々読書ベタだった僕だからこそ書けるんじゃないか、と思ったことが執筆の動機です。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2019年2月13日のコネタ記事
「仕事しながら読書!? 精神科医・名越先生が編み出した読書術「三角読み」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    リカちゃんの面倒を見てあげてください。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース