巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

台湾の買い物に見る、独特の「お得感覚」

ここでは「買1送1」に、「バイワン ギフトワン」と、カナ表記も。こんな表現が、街のいたるところに。

台湾に行ったことのある人なら、誰でも必ず目にするのが、店先にあるこんな表示だ。
「買一送一」
これ、どういう意味かわかりますか?

「1個お持ち帰りで、1個郵送」? あるいは、「1個買うと1個送られてくる」とか?
正解は、「1個買うと、1個ついてくる(プレゼント)」。つまり、といって、1個の値段で2個買える=2個で半額、ということだ。

「いま買うと、オマケにもう1個!」とは、まるでテレビショッピングのような手法だが、この表現は台湾では当たり前のようで、洋品店、雑貨屋、ドラッグストアなどなど、様々な店でこういった表示を見ることができる。
自分なども、最初、知らずに1個だけレジに持って行き、お店の人から「1個サービス」などといわれて、持ってきてもらったことがあった。

また、空港内の売店や免税店などでは、「買十送一(10個買うと1個もらえる)」「買五送一(5個買うと1個もらえる)」のように、まとめ買いをしてもらうためのサービスが氾濫している。
さらに甚だしいものだと、「買一打送一打」(打=ダース。1ダース買うともう1ダースついてくる)なんてものもあるから、もう何が何やらという気分になる。

他にも「二件六折」なんて表示もよくあるが、これは「2個買うと、6割になる」こと。2個買うことで0.6がけ=4割引になるという意味だ。
これらが洋服屋、雑貨屋などのショーウィンドーにでかでかとペイントされていたりするから、「お! セール期間なのか」と思って入店したりしがちだが……。
関連キーワード

2008年8月5日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品