巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

日本にもあればいいのに。ソウルの「病院カフェ」

本格的なコーヒーも楽しめる病院、「ゼネラルドクター」。

( 1 / 3 )

カフェブーム真っ只中のソウルに、「病院カフェ」ともいうべき、ちょっと変わった空間がある。
センスのいい家具や雑貨が並び、コーヒーの香りが漂うその空間は、まさに下北沢あたりにありそうなカフェ。もちろん誰でも気軽にお茶やランチを楽しめるのだが、何とその一角には、診療のためのスペースがあり、希望すれば医師による診察も受けられるという。

弘益(ホンイク)大学前に位置するこのお店の名は「ゼネラルドクター」。診察を受けられるカフェと聞くと、一石二鳥を狙った単なる複合カフェのように思える。ところが、カフェと病院の間には、思わず感動するような密接な関係があった。

医者でありながら、自らもバリスタの免許を持ちコーヒーをいれる開業者のキム・スンボムさんは、この空間を「遊びに来る病院」だと話す。
「病院は普通、病気の時しか行かないじゃないですか。薬をもらって、症状が治まったらそれでおしまい。でもここはいつでも遊びに来れるし、ただ疲れているということだけでも、お茶を飲むついでに相談できます」。

めざすのは医者と患者がより近い関係にある病院であり、カフェはそのためのツール、というわけだ。
そのコンセプト通り、診療室もカフェのようにセンスよくまとめられ、消毒の匂いがすることはなく、病院にありがちな重々しいイメージもない。スンボムさんが実際にここに住んでいるということもあるが、まさに友達の部屋のような、落ち着ける空間となっている。
関連キーワード

2008年8月24日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品