巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「エースで4番」は減っているのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

強豪校でこそ、「エースで4番」は減っているようです。

かつてのCMソングにもあったように、野球をやる者にとっては、永遠の憧れ、「エースで4番」。

少年野球では、「いちばん上手な選手が投手に選ばれ、打撃センスも抜群」というのは、お約束でもある。
実際、桑田真澄は、清原がチームメイトにいたため、4番ではなかったものの、他のチームにいたら間違いなく4番バッターだったはずだし、元横浜ベイスターズの野村弘樹(高校時代は5番バッター)はじめ、PL学園出身投手の打撃力は、よく知られているところ。
また、200勝を自らの本塁打で祝った工藤公康、川上憲伸(エースで4番)、松坂大輔(エースで4番)、中田翔(エースで4番)など、名投手が打撃のセンスも良いというのは、よくあることではある。

だが、甲子園夏の大会を見ていると、そんな「エースで4番」が思ったよりも少ない気が……。
ためしに、『週刊朝日増刊 2008甲子園』で調べてみると、「エース」の打順は以下の通りだった。

1番 0人/2番 2人/3番 2人/4番 3人(常総学院、千葉経大付属、日田林工)/5番 5人/6番 7人/7番 6人/8番 13人/9番 18人

甲子園に出場するような学校においては、「エースで4番」は、なんとたった3校だけ。逆に、圧倒的に多いのは、9番だった。
しかも、調べているときに気になったのは、登板回数で見ると、「エース」がはっきりわからない学校が多いこと。2~3人くらいの投手が、ほぼ均等に投げている学校が多いのだ。
関連キーワード

2008年9月10日 10時00分

注目の商品