巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

中学生の水泳競技会での意外にシビアなルール

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガムテープの出番、稀にあるようです。

先日、中学生の水泳競技会を観に行ったある記者から、こんな話を聞いた。
「一般の中学生の大会などでも、水着についてるロゴの大きさや位置に、規定があるんだよね。それを知らない子が、ルール違反になっちゃってさ」

水着がルール違反になると、もしや失格? と尋ねると、こんな答えが返ってきた。
「着替えがあれば、着替えろと言われるんだけど、たまたま着替えがなかったから、どうするのかと思ってみていたら、なんと水着についてるロゴをガムテープで隠したんだよ」
まるでスポンサーを背負っている選手のような大仰な措置に、ちょっとビックリ。

ビキニやきわどい水着で出場しようというならともかく、プロでもないのに、一般の中学生の水着のロゴの大きさや位置が、問題になるとは。
水泳をやっている人にとっては、常識なのかもしれないが、一般の人であれば、知らない人もいるのではないだろうか。
そもそもどういったきまりなの? いつからあるの? 日本水泳連盟事務局に聞いてみた。

「日本水泳連盟のHP内、『委員会情報』の『総務委員会』項に、『競技会において着用、又は携行することができる水泳用品、用具の商業ロゴマーク等についての取り扱い規定』というのがあり、そこで定められているんですよ」
これは2006年4月1日に加えられた規定のようで、こんな文言があった。
「使用される1枚の水着について、20平方センチメートル以内のメーカーの商標名は、ウエストより上の位置に1つ、下の位置に1つ許される。
関連キーワード

2008年9月26日 10時00分

注目の商品