巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

秋の夜長に“すすり茶”、いかがですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

お湯を入れればお茶ですが、和えた姿はまるで別物。高級茶葉は最後まで美味しくいただいちゃいましょう。

( 1 / 2 )

気がつけば朝夕と冷え始め、そろそろあたたかいお茶が恋しい季節になってきた。

家にちょっといいお茶があるなら、普通に飲むのではなく、“すすり茶”と言う飲み方を試してみてはいかがだろうか。

まず用意するのはできるだけ高級な玉露。それを蓋付きの湯飲みに5グラムほど入れ、少し冷ましたお湯を注ぎ込む。
その後、湯飲みに乗せた蓋をちょっとずらして茶葉が口に入り込まないよう蓋と湯飲みの隙間からお茶を飲むのが、すすり茶の作法だ。
飲み方が飲み方だけにちょっとずつしか飲めないが、その分ゆっくり楽しむことができそう。

専用茶器も販売されているものの、普通の湯飲みでも大丈夫。蓋が無いと言うのなら、茶葉を避けつつ直飲みすれば問題無し。意外に自由の利く飲み方だ。

まずはお茶と和菓子などでゆっくりと、1杯だけでなく2杯3杯と飲むうちにお茶の味が薄くなる。普通ならここで茶殻を捨ててしまうのだが、すすり茶はまだ終わらない。
残った茶殻にポン酢とかつお節やアラレを少々。茶殻に? と驚くが、これが実は、相性ピッタリ。
ふやかされた葉は柔らかく、まるで春野菜のような食感だ。和え物として料理に登場しても違和感の無い味で、最後まで美味しく味わえる。

お茶と言えば作法が厳しいイメージがあるが、このすすり茶はおもてなしやお茶会などではなく気軽に家などでも飲むことができるとか。
もちろんお茶の栄養を丸ごと食べられるため健康に良し、さらに味も良し、その上ゴミもでないので環境にも良し。
関連キーワード

2008年9月28日 00時00分

注目の商品