巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

渋谷の今とギャルが一目でわかる『渋谷語事典』

『渋谷語事典 2008』。帯では木下優樹菜チャンが鬼推薦!

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

この前、不意に「アウト・オブ・眼中」なんて言葉を使ってしまった。すると「今、ちょっと歳が表れてましたよ……」とか、「いつの時代の人ですか?」とか、あまりの時代錯誤ぶりに非難轟々だった。そんなに悪いことを言っただろうか……。

そんな私のジジイぶりを矯正してくれるような本が話題を読んでいる。それが、“ギャル社長”として有名な藤田志穂さんが代表を務める「シホ有限会社G-Revo」監修の『渋谷語事典 2008』である。
今年の8月1日に発売されたこの本、内容は渋谷の若者が日常使用している流行語を、使用例やシチュエーションなどと合わせて紹介している。
この『渋谷語事典』、編集は平均年齢28歳の「渋谷語制作委員会」が実際に渋谷に訪れ、女子高生を中心に調査して制作。

この本について、「シホ有限会社G-Revo」の広報担当にお伺いしてみた。
「この本を作ったきっかけは、ある出版社から“ギャルの間で流行っている言葉を出版しましょう”というお話を頂き、“じゃあギャルたちが使っている言葉と合わせて、彼女らが今夢中になっている人、物、事をまとめたものを作ってしまおう!”と制作しました」とのこと。

この本の制作過程では、リアルにギャルの子たちに意見を聞いている。インターネットサイト「GRP」(平均年齢17.2歳のギャル会員に特化したランキング&クエスチョンサイト)で約15000人からのギャルからアンケートを実施。また、実際にギャルの座談会を開き、どういう事に興味を持ち、どういう言葉を使っているのかを調べている。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2008年10月3日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品