巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

∞(むげん)にできるシリーズ第3弾は「ペリペリ」

ライター情報:dskiwt

「ペリペリ」を何度も楽しんじゃおう!

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

「ずっとやっていて楽しい」「ずっとやっていたくなる」をテーマに株式会社バンダイが展開している「∞(むげん)にできるシリーズ」の商品たち。現在、累計販売数250万個を突破した『∞プチプチ』、130万個の『∞エダマメ』シリーズが発売されているが、その第3弾『∞ペリペリ』が発表された。

「『プチプチ』はビニール、『エダマメ』は食べ物、そして今回は“紙”に行き着きました」と語るのは(株)バンダイ・プレイトイ事業部の亀田真司さん。

今回、(株)バンダイが注目したのは、お菓子の箱型パッケージなどでよく見かけるミシン目部分の「あけくち」。「ジッパー加工」と呼ばれるそうだが、この『∞ペリペリ』は、「あけくち」をミシン目にそってはがすあの行為を再現したキーチェーン玩具だ。

本体上部の“ペリペリジッパー”をめくることによって、本物の音から収録したという“ペリペリ効果音”が流れるとともに、あの快感!? を何度でも楽しむことが可能な商品。

実際、手にとってやってみて感動したのは、ペリペリするときはもちろんのこと、ペリペリジッパーから手を離したときの、ジッパーが「ピタッ」と元の位置におさまる様が、見ていてけっこう快感だったことだ。

また、本物の紙パッケージのジッパー加工をペリペリをするとき、「豪快にあけようとして失敗した」、なんて経験があると思うが、『∞ペリペリ』には、この“失敗音”が収録されているのも魅力のひとつ。ペリペリしてると、ランダムでこの失敗音に出くわしたりして、思わずビックリさせられることも。
関連キーワード

ライター情報: dskiwt

関心あるモノコト:コーヒー、ビール、おにぎり、パン、本、本屋、映画、カメラ、時事英語、MacBook Air、iPad、iPhone、イタリアもの。

URL:Twitter:@dskiwt

2008年10月2日 12時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品