巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ゲームのバッテリーバックアップの中身って?

ライター情報:イチカワ

このエントリーをはてなブックマークに追加

パスワードから解放されたときのありがたさ、懐かしいです。

テレビゲームを再開するとき、いちいちパスワードを入れてた時代があった。

ゲームを途中から再開する方法として、パソコンゲームのフロッピー代わりに生まれたパスワード。パスワードを書いたメモをなくしたり、メモした字が汚くて読めなかったりして、しぶしぶ最初からやり直すことが何度もあった。

その救世主ともいえる“バッテリーバックアップ”が登場したのは数年後。カセットが記憶してくれるシステムは、メモと入力の煩わしさから解放してくれた。ただバッテリーがもつ5年前後を過ぎると、ある日突然、何の前触れもなくデータが消えてて、しぶしぶ最初からやり直すことが何度もあった。

さてそんなことを思い出しつつ本題。
このバッテリーバックアップの“バッテリー”とは何だったのか、みなさんはわかって遊んでただろうか。実はあのエネルギー源、ごくごく普通のものだったことを僕は今まで知らなかった。

バッテリーバックアップを世界で初めて搭載したゲームソフトとされる、ロールプレイングゲーム「ハイドライドII」(MSX版)を開発していた、ティーアンドイーソフト(当時T&E SOFT)の内藤さんに話を伺った。
「バッテリーバックアップのカセットでは、ごく普通のボタン電池が使われていました。その寿命がだいたい5年と言われていたんです」
つまりファミコンやスーファミの時代、セーブ機能のあるカセットには、普通のボタン電池が入っていたのだ。当時はデータを記憶させとくために、遊んでないときも電力が必要だった。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2008年10月9日 10時00分

注目の商品