巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

シャーペンは色々なところで認められていない!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

細かな所にも、たくさんの文字を書けるのがシャーペンの魅力だ

[拡大写真]

頭を押すと、カチカチと芯が出てくるシャープペンシル、「シャーペン」。学校や職場でお世話になっている人も多いだろう。

でも、このシャーペン、誰もが認める「国民的筆記用具」と言えるだろうか? 聞くところによると、小学校の低学年ではシャーペンが禁止となっている学級があるらしい。また、シャーペンの使用を禁じるテスト会場もあったりと、多くの人に使われているのに、なんだか認められていない気がする。何故なのだろう?
そこで、センター試験を実施している独立法人大学入試センターに話を伺った。

「私どもでは、シャープペンシルの使用を禁止しているというわけではではなく、鉛筆を推奨している形となります。というのも、マークシートの場合、シャープペンシルで記入した解答用紙は正しく認識されない可能性があります。せっかく正しく答えていただいているのに、正しく認識されないと間違いになってしまいます。ですので、しっかりと認識される鉛筆での記入をお勧めしているのです」
とのこと。

正しく認識しない? それはシャーペンで書かれた文字が薄いからなのだろうか? たしかにシャーペンは「薄い」というイメージがある。しかし、薄かったら濃い芯を使えばいいだけの話ではないか。ということで、三菱鉛筆株式会社にマークシートに適している芯がないかどうか聞いてみた。すると広報の方からこんな回答が。

「マークシートで正しく認識されないというのは、濃さの問題ではないような気がします。

ライター情報: ドープたつま/studio woofoo

ブラックミュージックと、あごの鋭い女性(あと鷲鼻も)をこよなく愛すB-BOYライター。得意技は「開きなおり」。不得意なのは「開き直った後の行動」。

2008年10月9日 10時00分

注目の商品