巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

韓国で今、横溝正史がヒットするワケ

ライター情報:清水2000

横溝正史著『犬神家の一族』の韓国版装丁(チョン・ミョンウォン訳、シゴン社刊)

[拡大写真]

今年9月、韓国の文学小説月刊ランキングに異変が起きた。8月29日に翻訳出版された横溝正史の『犬神家の一族』が、国内人気作家を差し置いて3位に食い込んだのだ。
今なぜ、横溝正史なのか? 韓国版『犬神家の一族』(以下『犬神』)を出版した大手出版社、シゴン社(sigongsa)の単行本開発室ナ・ヒョクジンさんに話を聞いた。

「韓国の推理小説界は『犬神』烈風ですよ」と話すナさん。発売と同時に1刷で準備していた5000冊をあっという間に売り終え、10月13日現在は4刷目に突入、すでに1万6000部を販売している。
韓国のベストセラーの中には10万部以上売れるものもあり、それに比べると少ないようだが、「短期間で、推理小説という限られたジャンルの、しかも50年前の古典作品がこれだけ売れるのは異例の事態」だという。

『犬神』がヒットした理由のひとつとして、日本のマンガ『金田一少年の事件簿(韓国語タイトル:少年探偵金田一)』が、韓国では96年から翻訳出版されており、すでに多くの読者に親しまれていることをナさんは挙げる。
皆さんもご存知の通り、マンガの主人公である金田一少年は、『犬神』を始め横溝作品に登場する探偵・金田一耕助の孫という設定。金田一少年の決め台詞「ジッチャンの名にかけて」は、韓国人にも愛されるところとなったが、しかし横溝が創作した金田一耕助のことは広く知られておらず、長らく「ジッチャンて誰やねん」状態だったのである。
関連キーワード

ライター情報: 清水2000

ソウルを拠点に活動するトラベルライター。翻訳も少々。路上のコネタ、珍スポ、音楽と映画を求め、弘大のライブハウスから朝鮮半島の辺境、世界のコリアタウンまで徘徊中。

2008年10月17日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品