巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

充電式電池は、乾電池の代わりに使えるのか

ライター情報:R&S

実験を終えただいま充電中。2時間ほどで満タンになりました

近頃、充電式電池(ニッケル水素電池)のCMをよく見かけるようになった。
「使わなくても減っちゃうから、ちょくちょく充電しなきゃならない」「充電する前に一度使い切らなくちゃダメ」というのが、これまでの充電式電池の評判。が、近年この2点は大きく改善されたという。三洋電機株式会社の充電式電池「エネループ」ウェブサイトによると、2年くらいなら使わなくてもあまり減らなくなったし、使い切る前に充電してもよくなったのだとか。繰り返し1000回使えて、1回あたりの費用は約4円だという。環境にもお財布にもやさしいのである。

しかし、普通の乾電池と充電式電池には決定的な違いがある。それは電圧。乾電池は1.5V(ボルト)だが、充電式電池はその8割の1.2Vなのだ。家庭用のコンセントは100V。これがもし80Vになったら、パソコンなんかは全然動かない。こんなに電圧が低くて、乾電池の代わりになるのだろうか。

「ほとんどの電池使用機器は終止電圧が1.1V以下のため、1.2Vだから使用できないということはありません。乾電池の1.5Vというのは公称電圧であり、実際の平均電圧ではこれより低くなります。これに対して充電式電池は1.2Vより若干高くなります」(三洋電機)

早速、試してみた。筆者がよく使うICレコーダーで実験。電池がなくなると自動的に電源が切れるしくみになっている。
  アルカリ乾電池:新品時1.54V→1時間後1.36V→7時間31分後1.05V(電源自動OFF)
  充電式電池  :満タン1.34V→1時間後1.24V→6時間59分後1.05V(電源自動OFF)
録音はどちらもバッチリ。
関連キーワード

ライター情報: R&S

登山歴20年の気象予報士。ガイドの資格を持つ。科学の実験ネタを得意とするが、手間をかけているわりに受けはイマイチ。最近、腰痛が少しよくなった。

2008年10月30日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品