巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

お好み焼き、東西考

このエントリーをはてなブックマークに追加

お好み焼きの仕上げに必須の青のりですが、関東関西関係なく最近は使わない人が増えているそうです。

東京に遊びに行った関西の知人が、カルチャーショック受けて帰ってきた。

お好み焼き店で食事をしたところ、お店のメニューに“天”がついていたというのだ。
「豚天」、「イカ天」、「ねぎ天」……と、この天とはなんぞやと聞いてみれば、「天かす」の略らしい。
天かすは入っていて当たり前じゃないかと憤慨したそうだが、関西のお好み焼きの代表的な表記である“玉”だって卵のこと。これだってお好み焼きの標準装備だ。

ちなみに豚玉なら卵入りで、豚焼なら卵抜きになるかと言えばそんなわけもなく、昔から続く大阪お好み焼きのお店に伺うと、
「戦後、まだ物資が不足している時代に卵入りと書くことで高級感を出した、と聞いたことがあります」
と、広告戦略的な理由での命名であったようだ。

とはいえ、呼び名は変われどお好み焼きの作り方はそう大きく変わらない。変わるとすれば、中身だろう。
地域によってお好み焼きの人気の具材に変化はあるのか、全国に展開しているチェーンのお好み焼き店に聞いてみると、全国を通じて人気の具材は“豚”だった。
豚のお好み焼きは、今も昔も変わらない鉄板具材だ。
しかし2位以下より、人気の様子が変わる。
関西は牛スジ、関東はイカ。さらに関西では牛玉やベーコンなどのお肉、関東ではイカに限らずタコやエビなどシーフードの人気が上々なのだと言う。

日本を関東と関西だけで分けてしまうのはいささか乱暴だが、なぜ東西で好みが分かれてしまうのか。
そこで関東のお好み焼き店に伺うと、
「お好み焼きを食事ととらえる人が少ないからだと思います。
関連キーワード

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2008年11月17日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品