巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

子どもに「ジャイアン歌声」が多い理由って?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ボエ〜」…………

先日、子ども集団をカラオケに連れて行ってくれたお母さんが、こんなことを呟いていた。
「子どもって、なんであんなにオンチなのかしらねぇ(ため息)……」

なんでも大塚愛の『さくらんぼ』を一人、また一人、そしてまた一人……とどういうわけか全員が交代で歌い、ようやく一回りしたと思ったら、二巡目に突入。さらに最後に「じゃあ、みんなで『さくらんぼ』歌おうか!」となったのだそうだ。
しかも、全員、つまみがこわれたようなボリュームでのシャウト。ほとんど全ジャイアン状態だったうえ、何かのまわしものではないかと思うほどのレパートリーの少なさは、報告を聞いただけでも、頭が痛くなってくる。
それでいて、高校生~若い人には、あまりオンチがいない気がするけど……。なぜ子どもは、みんなジャイアンのような歌声なのか。

『「裏声」のエロス』(集英社新書)著者で、「音痴矯正ドットコム」を運営する、BCA教育研究所代表の高牧康さんに聞いた。
「子供達、特に園児達の歌唱はほとんどが怒鳴りです。音程は合っていませんが、声は大きく元気です。これは、親や幼稚園などは、美しく正しく歌うより、元気で楽しく歌えれば良いと思っていて、少々音程が外れても気にしないからだと思いますよ」
高牧さんはこれを「大声音痴」と呼んでいる。
「歌声というより、怒鳴るような話し声で歌おうとするので、音域も狭まり、低い声になってしまうのです。こうした声で、乱暴に歌っていると『小児嗄声(ショウニサセイ)』という病気になってしまうこともあるんですよ」

小学校の学習指導要領は今年改訂になるそうだが、実は平成元年までの指導要領では、「頭声的発声で歌うこと」と明示されていたものが、それ以降は「自然で無理のない発声で歌うこと」というように曖昧になっているそうだ。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2008年12月7日 00時00分

注目の商品