巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

お酒を飲んでトイレが近くなる日と、ならない日

ライター情報:イチカワ

このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレには、行きたいときに行くようにしましょう。

お酒を飲み始めた瞬間から、膀胱との闘いは始まる。

飲んでるときの尿意は、すぐにガマンの限界を迎える。でもトイレに出ることで、隣の席の人に毎回どいてもらうのが申し訳ないし、盛り上がってた会話を途切れさせたくないし、トイレから戻ってきたとき、さっきまで盛り上がってた席に他の人が座ってるのは残念でならない。だからなるべくならトイレに行きたくない。
ところが多くの場合、抵抗も虚しく僕らは敗れる。しかもそれは、1回の飲みの中で何度も何度も。

ただ、そんな厄介者の膀胱になぜか勝つこともある。いつもと同じものを飲んでるのに、トイレへ行かずに済むことがある。
どうしてトイレがやけに近い日と、そうじゃない日があるんだろうか? 泌尿器科のお医者さんに話を伺った。

「大きな要因として考えられるのは、飲む直前の体の水分量です。お酒の利尿作用といわれるものでは、主な要因に、アルコールが体の細胞内の水分を奪い、体の外に出すことが挙げられます。そのため細胞の水分(体の水分)が多い状態でお酒を飲めば、それだけ多くの水分を外に出すことになり、トイレへ行く回数が多くなるというわけです。逆に細胞内の水分量が少ないときは、アルコールに奪われる水分が少ないため、トイレへ行く回数は減ります」

もちろん水分の多いお酒を飲めば、トイレは近くなる。これも、体に多くの水分が入るために、細胞の水分量が増えるっていうこと。メカニズムとしては同じだ。トイレが近い日とそうじゃない日を分けるのは、そういった仕組みらしい。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2008年12月9日 10時00分

注目の商品