巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「8時59分60秒」を見に行こう

ライター情報:R&S

元日の朝「8:59:60」が表示される数少ない時計(福島県)

元日の朝、1分が61秒になる。
3年ぶりに「うるう秒」が実施されるからだ。「8時59分59秒の1秒後は、何時何分何秒?」こんなクイズがあったとしよう。いつもだったら、正解は「9時0分0秒」だが、来年の元日に限っては「8時59分60秒」が正解になる。「9時0分0秒」がやってくるのは、さらにもう1秒後だ。

昔は、地球が回る速さを元に「1秒」の長さを決めていた。でも、地球の回転速度には結構ムラがある。技術の進歩でもっともっと正確な時計が必要になり、1967年から「原子時計」の刻む1秒が正確な「1秒」ということになった。しかし、地球の方は少しずつ回転が遅くなっているので、だんだん原子時計とずれてくる。ずれを戻すためにうるう秒が実施されるのだ。うるう年と違って、何年に1度とは決まっていない。

そういうわけで来年の元日の朝は「8時59分60秒」を見るチャンス。どこに行けば見られるだろうか。日本標準時を司る独立行政法人情報通信研究機構(NICT)に聞いた。
「若干調べてみましたが、街中にある時計には(8時59分60秒が表示できるものは)見当たりません。もし見かけましたら教えて頂きたいほどです」
NICT光・時空標準グループによると、「8時59分60秒」が表示される時計は次の4つ。.
・東京都小金井市 NICT本館の時計   ・東京霞が関 総務省ロビーの時計(ただし元日は閉館)
・福島県田村市 国道288号線脇の時計 ・福島県川内村 道路脇の時計
福島県にある2カ所は、いずれも電波時計の電波発信地のお膝元。
関連キーワード

ライター情報: R&S

登山歴20年の気象予報士。ガイドの資格を持つ。科学の実験ネタを得意とするが、手間をかけているわりに受けはイマイチ。最近、腰痛が少しよくなった。

2008年12月30日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品