巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

今年は13日の金曜日の当たり年?

ライター情報:R&S

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年は13日の金曜日が、2月、3月、11月と3回ある

13日の金曜日。日本でも不吉な日、というイメージがかなり浸透しているようだけれど、2009年には13日の金曜日が何と3回もある。これは1998年以来のこと。今年は当たり年なのだ。2月13日の金曜日には、映画『13日の金曜日』のリメイク版も公開される。

そもそも、どうして13日の金曜日は不吉なのか。「キリストが処刑された日」と思っている人が多いようだが、それはどうも違うらしい。処刑日が金曜日だったことは間違いないようだ。しかし、日付の方は7日、14日、15日、と3つの説があって、はっきりしたことはわかっていない。いずれにしても13日ではないようなのだ。処刑の前夜、最後の晩餐に立ち会ったのが13人だったことから、13が不吉な数字と考えられるようになり、それが金曜日と結びついた、など、いくつかの説がある。

さて、話は変わるが、暦を調べてみると「13日の金曜日」について、次のことがわかる。
○13日の金曜日は、毎年必ず1回はある。
○13日の金曜日は、どんな時でも、14カ月以内に必ずやってくる。
○13日の金曜日は、どんなに多くても年に3回しかない。
○13日の金曜日が3回ある年は、28年間に4つしかない。
この先の暦を見ると、2009年、2012年、2015年と3年ごとに「13日の金曜日が3回ある年」がやってくるが、その次は2026年までない。さらにその次は2037年になる。かなり不規則な感じがするけれど、これは日付と曜日の関係が28年周期で繰り返されているから(1901~2099年まで)。
関連キーワード

ライター情報: R&S

登山歴20年の気象予報士。ガイドの資格を持つ。科学の実験ネタを得意とするが、手間をかけているわりに受けはイマイチ。最近、腰痛が少しよくなった。

2009年1月9日 10時00分

注目の商品