巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

新潮文庫の恩返し=Yonda? CLUBだったりする?

応募マーク1冊分と、モダンペットのYonda?君を配した今期用パンフレット。

( 1 / 3 )

以前コネタで紹介した文庫キャンペーンは夏季限定のものだったが、新潮文庫には、一年間を通じて行っている愛読者キャンペーンも存在する。新潮文庫カバー折り返しについている三角の応募マーク(1冊1枚)を予め設定された枚数集めて応募すると、枚数に応じて、ブックカバーやマグカップ等の賞品が必ずもらえるタイプのものだ。
そんなキャンペーン、「Yonda? CLUB」が、去年の秋、3年ぶりにリニューアルした。

本棚には応募マーク付き文庫本が並んでいるのに、どの賞品に応募しようかウロウロしている間に、キャンペーンがリニューアルしていたこと数回……という非常にノロマで優柔不断な筆者だが、やはり、新しいラインナップの賞品のパンフレットを目にすると、ワクワクする。
ちょうど、Yonda? CLUBキャンペーンは10年目の節目を過ぎたばかり。早速応募した本好きさんの中には、ちらほら賞品が手元に届いている方もおいでではないだろうか? 良い機会とばかりに、そんなYonda? CLUBについて、新潮社広報宣伝部で文庫宣伝担当の石平さんにお話を伺ってみた。

「1998年1月にYonda? CLUBを抽選方式ではじめ、99年4月からは応募者全員にプレゼントをお送りするキャンペーンとしました。当時設定したリニューアル期間は2年に1回。しかし2005年度からは、Yonda? CLUBの認知度が浸透してきたこともあり、1キャンペーンの期間を3年と改め、今に至っています」
この期間延長、「本を読んで下さるお客様への恩返しの気持ちもあってのキャンペーン」なので、グッズを集めるために本を沢山買わなくちゃ、なんて読者の方に思ってほしくなかったという配慮もあってのことという。
関連キーワード

2009年2月20日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品