巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「○月×旬並み」とかいう表現の法則

ライター情報:イチカワ

今日の気温は、いつ並みでしょうか。

天気予報などで「○月×旬並みの気温」っていう表現を聞くことがある。例えば2月に「明日は4月上旬並みの最高気温です」って言葉を聞くときは、明日がちょっと暖かいことを伝えてる。

でもこれ、よく考えてみると、別の表現だってできる。
平年(1971年~2000年の平均)の東京で、4月上旬の最高気温は16.4度。11月中旬の最高気温も、同じくらいの16.7度。だからさっきのアナウンスは「明日は11月中旬並みの最高気温です」とも言えちゃう。でも、そんな例え方を聞くことはない。

そんなときのアナウンスに、何か法則みたいなものはあるんだろうか。ヘリクツなうえに細かい疑問で恐縮しつつ、気象庁に話を伺った。

「まず大前提として、日付が近い方ということが挙げられます。そして、例える時期がどちらも同じ近さならば、後ろの日付で記述しています。例えば8月下旬の最高気温が上がらず約25度のとき、『6月上旬並み』とアナウンスするのではなく、『9月下旬並み』とアナウンスしています」

この法則は感覚にも合っていて、夏に涼しければ秋の日付で、冬に暖かければ春の日付で例えることになる。そして法則は、もうひとつある。

「年をまたがないことです。つまり、1月上旬に暖かさを表現するとき、日付が近いからといって『11月下旬並み』とはアナウンスせず、『3月下旬並み』とアナウンスします。先ほどのこともそうですが、天気予報を聞かれる方が、感覚として分かりやすい表現を選択しているんですね」

ちなみに2月中旬なのに「2月下旬並みの最高気温」なんて聞いたことがない。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2009年2月12日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品