巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

耳かき事情・2009春

このエントリーをはてなブックマークに追加

いろいろ新顔の増える耳かき界ですが、梵天タイプは”The耳かき”の風格があるように思います。

梵天がスタンダードだとそう信じていた。耳かきの話だ。

しかし最近、耳かきコーナーを覗いてみればスクリュータイプだの、三連タイプだの、見たことも無いタイプの耳かきがズラリ。

素材も金属やゴムなど種類豊富で、かつては竹一辺倒だった耳かき界に新風が吹き荒れている。
はたして現在、一体どんな耳かきがあるのか。耳かき専門店である、耳かき亭さんに伺ってみた。

まずは最近よく見かける“スクリュー型”。これは西洋型と呼ばれ、まるでネジのような切りこみの入った先端が特徴的。
張りついた垢をこそげ落とせることから、どちらかと言うと耳垢が湿っぽい人に向いているのだとか。
次に、細いワイヤーが重なった立体構造の“三連タイプ”。これはスクリュー型と異なり、耳垢が乾燥しているタイプに開発されたもの。耳当たりが優しいため、柔らかな感触を好む人や小さな子供にもオススメだと言う。

もちろん竹素材の匙耳かきは不動の人気だが、こちらは飾りが付いたものや名前入りのものなど、付加価値のあるものが評判の様子。

そして現在インターネット上で人気の耳かきは、と伺えば、
「紫檀や黒檀等のハードウッドを使った素材のものですね。一般的な匙タイプですが堅い素材なので長期の使用に耐え、耳垢をかき集めてくれる微妙なカーブ加減が評判です」
素材からこだわった、そんな耳かきまで市場を賑わしている。

どの耳かきにも言えることなのだが、先端が太いタイプのものだと耳垢を奥へ押し込んでしまう危険性があるそうだ。
関連キーワード

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2009年2月24日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品