巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「ゴックン」って、そもそもどういう音?

ライター情報:田幸和歌子

結局、「ゴックン」はしたのでしょうか?

辞任を表明した中川元大臣関連のニュースで、たびたび耳にした、「ゴックンはしていません」というフレーズ。

この場合、「お酒は飲んでいない」という意味だったけど、もともとこの「ゴックン」という表現、赤ちゃんや子どもに飲み込むことを促すときにも「ゴックンしなさい」などと使うことが多い。

では、そもそも「ゴックン」ってどういう音なのだろう? 

声楽発声学を専門とし、『「裏声」のエロス』(集英社新書)著者で、「音痴矯正ドットコム」を運営するBCA教育研究所代表の高牧康さんは言う。
「実は『ゴックン』の『ゴッ』とは喉に流し込む直前の音で、『クン』は流し込んだ直後の音なのです。もっと正確に言えば、『ゴッ』とは食道に流し込む時に、間違って気道に流れ込まないように、喉頭(こうとう)、つまり喉仏が上がったときの音で、『クン』は飲み物が食道へ流れ落ちた後の喉頭が下がっている状態を指します」
気道などに間違って流れこまないよう、食道に正しく流すために「ゴッ」「クン」とやる、自然な音として生まれたもののよう。
「ついでに、咳払いなどの『ゴッホッ』の『ゴッ』の音の出るときは、喉頭は上がっています。匂いを嗅ぐときの『クン、クン』は音は出ませんが、喉頭は下がっています。食物が正しく食道に入ったときの香りを鼻腔(びこう)で確認しているのでしょう」
つまり、「ゴッ・クン」は、喉頭が上がり下がりする嚥下(えんげ)運動を音で説明しているものなのだとか。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年2月20日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品