巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

マグロ漁船の中はギョ? ギョ?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

『会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ』(齊藤 正明/マイコミ新書)819円(税込み)。

( 1 / 2 )

マグロ船に乗って一山稼ぐ……みたいな冗談をみんなよく飲み会の席でいうのですが、それではそんなマグロ船の暮らしってどんなもの? 

その素朴な疑問をマグロ船に乗ったことのある元サラリーマンにマグロ漁船の中の実体を聞いてみた。
伺ったのは『会社人生に必要なことはすべてマグロ船で教わった』(マイコミ新書刊)という本の著者・齊藤正明さん。

えーっといきなりで恐縮ですが、マグロ漁船の中ってどんな暮らしなんですか?

「朝6時にお仕事開始で、終わるのが翌朝4時。途中、昼寝の時間もあるにはありますが、少なく見積もっても1日17時間の肉体労働です」
と齊藤さん。聞いただけでも辛そう。やっぱりマグロの漁師さんって、ホントやっぱり過酷な毎日なのです。

ふつうマグロ船というと、遠洋漁業で何年も帰らないというイメージをもちますが、実はマグロ船でも短距離と遠距離があるそう。短距離だとだいたい40日~2カ月、遠距離だと4カ月~2年とそれぞれ期間が違います。

齊藤さんが、マグロ船の暮らしの中でも一番苦労したのは睡眠不足になることだそうで、過酷な肉体労働の中のベッドルームはエンジンの音やスクリューの振動でゆっくりできず、工事現場のすぐ隣で寝るようなものだとか。慣れない暮らしで精神的、肉体的にも極限状態に追い詰められたそうです。
そんな暮らしの中で、病気になったらどうするのかを聞いてみたところ、「私が乗ったマグロ船には、医務室もなければ、医療の資格を持った人もいませんでした。
関連キーワード

ライター情報: カシハラ@姐御

広告会社などを経て、フリーランスライター。得意技は、飲酒とビアガーデン制覇。東京ビアガーデン制覇クラブ主宰。「メルマガ・週刊カシハラ」で気になるものを配信中。

2009年3月16日 10時00分

注目の商品