巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

皇居で最初にジョギングしたのって誰?

ライター情報:イチカワ

皇居周辺のジョギングには、意外な歴史がありました。

皇居の周りは、特に休みの日はジョギングする人で溢れてる。
当たり前のように左回りで人が流れ、その人数はまだまだ増え続けている。日本で最も有名なジョギングコースかもしれない。

ただもちろんそこは、ジョギングコースとして作られた場所じゃない。今でこそ“ジョガーの聖地”とも言われてるけど、ジョギングコース化したのには、何かきっかけがあったはず。それって一体何だったんだろう。
調べていくと、ひとつの意外なエピソードにたどり着いた。国立国会図書館に勤めていた藤尾さんに、話を伺った。

「銀座のバーのホステスたちが、夜中に走っている様子を週刊誌で見まして、職員たちの間で“バーの女性たちが走れるなら、僕らでも走れるんじゃないか”と話題になったんですね。それをきっかけに、国会図書館の職員たちが、昼休みの昼食前に走るようになりました」

男子マラソンの円谷幸吉氏が銅メダルに輝いた、東京オリンピック直後の1964年11月、銀座のバーやキャバレーに勤めるママとホステスが、夜中に皇居を走るようになっていた。その様子を紹介した新聞や週刊誌が、国会図書館の30~40代の男性職員の目に留まったという。

皇居に程近い国会図書館には、昼休みに走れる環境が整っていた。信号のない一周5キロを走ると、30分程度で戻ってくることができた。また国立国会図書館には浴場とシャワーがあって、走ってもすぐに汗を流すことができた。
ぜい肉を落としたい人、運動不足を解消したい人が次々と走り始め、その数は1か月で十数人になった。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2009年3月13日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品