巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ホコリってなぜ、どれもこれも灰色なの?

ライター情報:田幸和歌子
このエントリーをはてなブックマークに追加

こういうところに、ホコリはすぐに、やってきます。

春の引っ越しシーズン。大掃除で、思いがけぬところから大量のホコリが出てビックリすることがあるが、かねてより不思議だったのは、ホコリがなぜかどれもこれも「灰色」をしていること。

空中にあるときはほとんど見えないし、いろんなものから構成されているはずなのに、ホコリとして固まると、どうしてみんな同じ色になってしまうのか。

砂みたいなものが、全体の色を決定づけているのだろうか。
お掃除のプロ・ダスキンに聞いてみた。

「ホコリの中には様々なものがあり、たとえば繊維クズなどでは、白い繊維もあれば、いろんな色の繊維もあり、それらの色が混ざり合ってグレーに見えます」(広報室)

そういえば、どんな色の絵具でも、黒がほんのちょこっと混ざるだけで、みんなグレーになっちゃうもの。それと同じ理屈なのか。

では、ホコリの成分とは?
「家の中のホコリには、服やふとんなどから出る綿ボコリ、食べ物のカス、抜け毛やフケ、土・砂ボコリなどがあります。その他、花粉、ダニ、カビの胞子、微生物、タバコの煙や排気など、目に見えないものもあります」

2008年ダスキン調べによると、その成分の割合は、「繊維(綿ボコリ)」が56.2%と過半数を占め、次に多いのは「土砂(無機物)」で27.5%、次いで「食物」3.53%、「毛髪」3.02%、「紙片」1.71%、その他が8.04%という結果になっているのだとか。

室内に太陽の光がさしこむとき、フワフワ舞っている綿のようなものが見えることがあるけど、これもやっぱり……?

「室内のホコリが一見、綿のように見えるのは、成分の大半がふとんや衣類がこすれ合って発生する繊維クズのためなんですよ」

なるほど、綿のようなフワフワも、「灰色」を作り出すのも、多くを占めているものは、衣類や布団から出る繊維クズだったとは。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年3月25日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品