巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

家電量販店に「本店」がいっぱいある理由

ライター情報:イチカワ

そんなわけで、「本店」がいくつもあったりするのです。

家電量販店には、なぜか“本店”がいっぱいある。特に全国展開している量販店には、全国いたる所に本店があって、例えば店舗数業界1位のヤマダ電機は、384店舗中63店に本店っていう名前がついてる(2009年2月末時点)。つまり全体の約16%が“本店”だ。

本店って、一般的な企業でいうところの“本社”とか、ラーメン店でいうところの1号店みたいな存在じゃないんだろうか。それがいっぱいあるって、どういうことなんだろう。家電量販店での“本店”の定義について、ヤマダ電機に話を伺った。

「当社では、特に定義はありません。通常店よりも比較的面積が広かったり、品揃えが豊富であることが多いものの、店によってまちまちです。都市型店舗をLABI、郊外型店舗をテックランドとしていますが、本店には明確な基準がないんです」

じゃあ、本店にはどんな意味があるの?
「その地域の中核となる店舗、つまり旗艦店として考えています。そのため、必然的に全国各地に本店が置かれることになります」
ヤマダ電機の場合、本店は“地域のリーダー”という感じ。内部的には細かい違いがあるのかもしれないけど、僕ら客側にとって違いはないようだ。

ところでもう一社、全国にたくさんの本店を持つ家電量販店がある。それはケーズデンキ。301店舗中73店が本店(09年2月末時点)で、ヤマダ電機を超える24%が本店の計算になる。話を伺うと、こちらには旗艦店としての役割のほかに、明確な定義が存在していた。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2009年3月26日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品