巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

関西春の名物イカナゴ、今年の入手はお早めに

釘を入れて煮込むわけではなく、煮上がったイカナゴの形が釘に似ているので”くぎ煮”と言うんだそうです。

関西に春を呼ぶ旬の味が今年、数十年に一度の危機を迎えているらしい。それは“イカナゴ”、関東ではコウナゴとも呼ばれる魚のこと。

このイカナゴを甘辛く煮込んで作る魚の佃煮“くぎ煮”が神戸~明石にかけての春の風物詩であり郷土料理なのだが、今年はこのイカナゴがどうにも不漁なのだと言う。

佃煮と言えばコウナゴの佃煮も有名だが、こちらは一度乾燥させてから作る調理法が主流。生を煮込んで作るイカナゴのくぎ煮は鮮度が命と言うわけで、作られるのは漁の期間1カ月半程度と極端に短い。
イカナゴが揚がり始めると同時に、スーパーではイカナゴ特設コーナーが登場。それを見て関西の人は「ああ春が来たなあ」などと思うのだ。

個人が数キロ単位で購入する姿も珍しくないイカナゴだが、今年は40年に一度の大不漁に見舞われてしまった。

3月末頃まで行われるはずの漁を、早々に打ち切った船もチラホラ。その理由はもちろん「イカナゴが捕れないため」。イカナゴがさっぱり揚がらないのだ。
原因は不明だそうだが、経済だけでなく海の世界にも不況が訪れていると語るのは、くぎ煮の商標を取っている伍魚福さん。
通常なら1キロ1000円を切っていた生のイカナゴが、今年は3000円近くまで急騰。
もちろんスーパーにも滅多に並ばず、個人だけでなくメーカーさんでさえイカナゴ確保が難しい状況なのだと言う。

そもそも関西でも明石~神戸の付近だけ食べられていたこの郷土料理が有名になったのは、山陽新幹線の開通の頃。
関連キーワード

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2009年4月8日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品