巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

少子化だけど、「一人っ子」って少ないの?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

一人っ子?(写真はイメージです)

小学生の娘のまわりをふと見ると、「一人っ子」がずいぶん少ないことが、気になっていた。

これまで一人っ子だった子にも、徐々に「妹」「弟」ができ、気づくと、兄弟姉妹のいない子がほとんどいない状態である。
ちなみに、一人っ子どころか「3人きょうだい」「4人きょうだい」も、自分の周りにはけっこういる。
もちろん地域にもよるだろうし、世代による部分もあるのかもしれないけど、もしかして「少子化」とは言われていても、「一人っ子」って少ないの?

厚生労働省の人口動態・保険統計課に問い合わせたところ、「国勢調査ならわかるのでは?」と総務省統計局を紹介してもらった。

そこで「参考」として教えてもらったデータが、平成17年国勢調査「労働力状態、就業者の産業、就業時間など(第2次基本集計)全国結果 報告書非掲載表」の「第12表 世帯の家族類型、夫の年齢、子供の有無・数・年齢別夫婦のいる一般世帯数、一般世帯人員及び親族人員」である。
これによると、全国の「夫婦のいる一般世帯」29,338,243軒のうち、「子どもあり」が18,477,711軒、そのうち「子どもが一人」の世帯は8,608,549軒という結果となっていた。ちなみに、「子どもが二人」は7,527,294軒、「子どもが三人」は2,074,758軒、「子どもが四人以上」は267,110軒、「子どもなし」は10,860,532軒となっている。

つまり、子どものいる世帯のうち、「子どもが一人」は約46.6%。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年4月7日 10時00分

注目の商品