巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

携帯のアンテナを伸ばすのって、意味あったの?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

電波はどこだ!?

「もしも~し……??」→アンテナを伸ばしながら移動……。

携帯電話でありがちなこんな光景、そういえば見なくなりました。
なぜって、ご存じのとおり、携帯からアンテナの姿がなくなったから。

思えば、昔から音が聞き取りづらいとき、アンテナを伸ばしてはみたものの、それによって受信状況が改善されたという記憶は、ほとんどない。
にもかかわらず、一生懸命伸ばしてみてたけど……。今さらながら、ちょっと疑問。そもそもあの「アンテナ」って意味があったんでしょうか。
情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)に聞いた。

「携帯電話のアンテナはなくなったように見えますが、『内蔵アンテナ』になっただけで、今も中にほぼ100%ありますよ。地デジ対応テレビの場合、アンテナの内蔵化の難度が高く、まだ外に出ていますが、携帯電話の内蔵アンテナは7~8年前に出始めて、ここ3年ぐらいで一気に『内蔵』が当たり前になりました」

理由として挙げられたのは、以下の点である。
「以前は外に出ているほうが電波をキャッチしやすかったんですが、アンテナメーカーの工夫により、アンテナそのものの感度が良くなったことがまず一つ。でも、今は地下街などでも対応できるよう、基地局数が増え、受信できる範囲が広まったことがいちばん大きいと思います」

かつては「ビルの高いところで圏外となった」ということも多かったが、
「ビルの屋上や山の上から今は電波がきていますからね」

つまり、様々な状況が変わり、アンテナの機能そのものも以前より良くなっているわけで、結局、かつての「アンテナを伸ばす」こと自体にはそれほど意味がなかった……なんてことはない?
失礼ながら、あるアンテナメーカー関係者に聞いてみると……。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年5月5日 00時00分

注目の商品